IRON MAIDENのマネージャー、ロッド・スモールウッドは、「このパンデミックを助け合いと専門家の指導に従って終息させましょう」とコメント

Overseas News
新型コロナウイルスの影響でツアーやショウがキャンセルとなっているIRON MAIDEN。バンドのマネージャー、ロッド・スモールウッドは、ファンたちの健康と安全を気遣いながら「このパンデミックを助け合いと専門家の指導に従って終息させましょう」とIRON MAIDENのソーシャルメディアへ投稿した。
新型コロナウイルスによる影響で、IRON MAIDENは、5月に予定していたオーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、日本公演を中止または延期を余儀なくされた。

長年バンドのマネージャーを務めるロッド・スモールウッド(Rod Smallwood)は、ファンたちの安全を願い、支え合いと専門家の指導に従うよう促すコメントをIRON MAIDENのソーシャルメディアへ投稿した。

「親愛なる皆さまへ。まずお伝えしたいことは、このような困難で悲劇的な時にあっても、皆さんがご家族と共に無事であること、そして各国の政府と科学的、医学的なアドバイザーたちの助言に従うことを願っています。我々はこのパンデミックを終わらせるために、みんなでアドバイスに従い、可能な時にはお互いに助け合う必要があります。特に立場の弱い者にはそうする必要があるのです。バンドがあなた方の国へ訪れた時、皆さん全員が健康で元気な姿を見たいのです。そして私たちは、あなた方がIRON MAIDENに会いたいのと同じように私たちも皆に会いたいのです!」

「ショウに関する新しい情報が入り次第、こちら(バンドのホームページ、Facebook、Instagram、Twitter)に掲載します。もちろん、非常に困難な状況ですから、何が起こるかは誰にも予測できません。しかし、柔軟な選択が可能な状態にしておき、進展具合を見極めながら賢明な決定を下せればと思っております。また、適切な頃合いにお知らせします。もうしばらくご辛抱ください。それでは、お身体に気をつけて、そして賢くやりましょう」