ドイツ、8月末まで大規模なイベントは開催できず

Overseas News
4月15日、ドイツのメルケル首相は、徐々に規制を緩和し国内を正常に戻していく方向で暫定措置を発表。ロックダウンは5月3日まで。しかし、コンサート、フェスティバルなどの大規模なイベントは、早くとも8月末までは許可されない。<Wacken Open Air>などのメタル・フェスの開催が危ぶまれる。
4月15日、ドイツのメルケル首相は国内の16州と会談の結果、徐々に規制を緩和してゆっくりと国内を正常に戻していく方向で暫定措置を発表した。

これにより、小規模な店の一部は来週から、学校は5月初めから少しずつ再開することになるが、ロックダウンは5月3日まで続く。

ただし、すべてがすぐに戻るわけではなく、レストラン、ジム、バーは無期限に閉鎖されるほか、サッカーの試合、コンサート、フェスティバルなどの大規模なイベントに関しては、早くとも8月末までは許可されないとのこと。

となると、6月5日〜7日に開催予定の<Rock am Ring><Rock im Park>、そして7月30日〜8月1日に開催予定の<Wacken Open Air>といったドイツで行われるメタル・フェスティバルはどうなってしまうのか。

刻々と変化する状況の中、参加する予定の人々は各フェスティバルの発表に注視する必要がある。