ANTHRAXのチャーリー・ベナンテ、TESTAMENTのアレックス・スコルニック、S.TENDENCIESのラ・ディアスでRUSHをプレイ!

Overseas News
ANTHRAXのチャーリー・ベナンテ主導でTESTAMENTのアレックス・スコルニック、SUICIDAL TENDENCIESのラ・ディアスによる遠隔セッションでRUSHの曲を演奏!
ANTHRAXのドラマー、チャーリー・ベナンテ(Charlie Benante)が自主隔離生活に飽きて自分のYouTubeチャンネルで始めた『YO! Watch the beat』シリーズ。

ここでは、彼がドラムやギターを持ち出してVAN HALENIRON MAIDENLED ZEPPELINなどの曲を演奏している。

けれども、必ずしも1人で演奏しているわけではない。

最新の『YO! Watch the beat』シリーズ #10で披露されたのは、RUSH「La Villa Strangiato」

TESTAMENTのギタリスト、アレックス・スコルニック(Alex Skolnick)SUICIDAL TENDENCIESのベーシスト、ラ・ディアス(Ra Diaz)と3人で、それぞれの場所から演奏したもの。

彼らは、自分たちがより優れたミュージシャンとなるインスピレーションを与えてもらったということから、このシリーズの#8でもRUSH「YYZ」を演奏していた。

それが視聴者から大変好評だったため、お礼の気持ちとして#10で再度RUSHを取り上げたという。

また、チャーリー・ベナンテは、この遠隔セッション方式でスコット・イアン(Scott Ian)ダン・リルカ(Dan Lilker)と繋がり、彼らがかつて組んでいたS.O.D.の曲も披露するサプライズも4月上旬にしている。その時に演奏した曲はデビュー・アルバム『Speak English Or Die』(1985)から「March of the S.O.D.」

RUSH La Villa Strangiato -YO! Watch the beat #10- Charlie Benante ANTHRAX Drummer -

RUSH YYZ-Yo! Watch the beat #8 Charlie Benante ANTHRAX Drummer -Ra Diaz and Alex Skolnick

S.O.D. -Stormtroopers of Death - March of the S.O.D.