CAVALERA CONSPIRACYのイゴールがエレクトロ・プロジェクトMIXHELLでのドラムを披露

Overseas News
元SEPULTURA、現CAVALERA CONSPIRACYのドラマー、イゴール・カヴァレラは、妻と2人でMIXHELLというエレクトロ・プロジェクトでも活動している。今回はエレクトロ・ミュージックでのドラム演奏ビデオをMIXHELLのソーシャルメディアに投稿した。
View this post on Instagram

Film by @laimaleyton

A post shared by MixHell (@mixhell) on

SEPULTURA、今はCAVALERA CONSPIRACYのドラマーであるイゴール・カヴァレラ(Igor "Iggor" Cavalera)

彼は2004年に出会った妻のライマ・レイトン(Laima Leyton)と一緒にプロデュースやパフォーマンスを開始し、2013年にはブラジルのサンパウロからロンドンへと活動拠点を移している。

そんな彼らは、DJ/ヒップホップ/エレクトロ・プロジェクトMIXHELLとしても活動。イゴールは、MIXHELLのソーシャルメディアにサンプリング・パッドを駆使しながらドラムを叩く動画を先日投稿した。


彼は2009年のインタビューにて、SEPULTURACAVALERA CONSPIRACYのファンがMIXHELLを好きになるかどうか尋ねられ、以下のように答えている。

「わからないな。俺にとってMIXHELLはまだ相当にエクストリームだからとても楽しんでいる。俺のドラムはかなりエネルギッシュだ。CAVALERA CONSPIRACYとはまた違ったグルーヴがある」

また、長年メタルを演奏してきたことが、どのようにMIXHELLでの活動に影響しているかも答えている。

「俺はメタルを演奏していても常に新しいことに挑戦し、ひとつの事柄に固執することはなかった。いつもオープンマインドだったという感じかな。SEPULTURA時代を追いかけてくれていたファンなら皆、俺たちが新しいことに挑戦していたことを知っている。時は止まったままではなく常に前進していた。つまり、俺にとってMIXHELLは俺のキャリアの延長線上なんだ」


彼らは3月後半にCorona Partyと題して生配信も行なった。

Mixhell - the edge - rehearsals 2013

Mixhell feat. Greg Puciato - Exit Wound (Official Video)

MIX HELL Live Stream CORONA PARTY Spring Equinox Part 1