QUEEN+ADAM LAMBERT、UK&ヨーロッパ・ツアー延期。2021年振替公演日程を発表!

Overseas News
QUEEN+ADAM LAMBERTが新型コロナウイルス感染症拡大防止のため ラプソディ・ヨーロッパ・ツアーを1年延期 2021年の振替公演日程を発表した。
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、3月31日、QUEEN+ADAM LAMBERTの<RHAPSODY>UK&ヨーロッパ・ツアー(全27公演)の延期が残念ながら発表された。  

2020年のツアーは当初、5月24日のイタリア公演を皮切りに、本国イギリスでは首都ロンドンO2アリーナにて10公演を数える大規模コンサートを開催、加えて主要都市マンチェスターとバーミンガムでも各2公演を行った後、再びヨーロッパ大陸に戻り、7月7&8日のマドリード2夜連続公演で締めくくられる予定であった。  今回の延期の決定は、ツアー全体で40万枚近くのチケットが販売されていることを鑑み、数多くの観客、バンド、クルー、会場スタッフの安全を最優先に考慮し、苦渋の決断として行われたもの。  ファンへの朗報として、バンドは迅速にツアー・スケジュールの変更に取り組み、振替公演の日程は1年後、つまり2021年の各同日もしくはその前後に改めて設定されている。  購入済みのチケットは全て、振替公演に有効。チケット所有者で、2021年の振替公演のチケット交換について詳しく知りたい方は、購入店への問い合わせが勧められている。

今回の延期に関し、バンドは非常に落胆しているが、彼らはつい先頃、韓国、日本、ニュージーランド、オーストラリアを6週間かけて回るスタジアム・ツアーで大成功を収め、一夜で最大60,000人の観客を前にステージに立つという、バンド史上最大級のツアーの1つを楽しんで終えたばかりであった。そのツアー中には、オーストラリアのシドニーで開催された森林火災被災地支援コンサート<FIRE FIGHT AUSTRALIA>にも特別出演。伝説的な<LIVE AID>での22分間のセットを再現し、オーストラリアの大規模森林火災被災者への950万ドルの支援金集めに協力した。

QUEEN+ADAM LAMBERT<RHAPSODY TOUR>UK&ヨーロッパ 2021年 振替公演ツアー日程


2021年(日付)/国/都市/会場
・5月23日(日) イタリア ボローニャ Unipol Arena
・5月26日(水) フランス パリ AccorHotels Arena
・ 5月27日(木) ベルギー アントワープ Sportspalais
・5月29日(土) オランダ アムステルダム Ziggo Dome
・5月30日(日) オランダ アムステルダム Ziggo Dome
・6月01日(火) 英国 ロンドン The O2
・6月02日(水) 英国 ロンドン The O2
・6月04日(金) 英国 ロンドン The O2
・6月05日(土) 英国 ロンドン The O2
・6月07日(月) 英国 ロンドン The O2
・6月08日(火) 英国 ロンドン The O2
・6月10日(木) 英国 マンチェスター Manchester Arena
・6月11日(金) 英国 マンチェスター Manchester Arena
・6月13日(日) 英国 バーミンガム Utlita Arena
・6月14日(月) 英国 バーミンガム Utlita Arena
・6月16日(水) 英国 ロンドン The O2
・6月17日(木) 英国 ロンドン The O2
・6月19日(金) 英国 ロンドン The O2
・6月20日(日) 英国 ロンドン The O2
・6月24日(木) ドイツ ベルリン Mercedes-Benz Arena
・ 6月26日(土) ドイツ ケルン Lanxess Arena
・6月28日(月) スイス チューリヒ Hallenstadion
・6月29日(火) ドイツ ミュンヘン Olympihalle
・7月01日(木) デンマーク コペンハーゲン Royal Arena
・7月02日(金) デンマーク コペンハーゲン Royal Arena
・7月06日(火) スペイン マドリード Wiznik Centre
・7月07日(水) スペイン マドリード Wiznik Centre
 (25694)

メンバーからのコメント


ファンに向けて、ブライアン・メイは次のようにコメントしている
「夏のヨーロッパ・ツアーの延期発表は、とても残念ではありますが、現在の尋常ではない世界情勢を思えば、ファンの皆さんにとっても想定外のことではないでしょう。ほんの1か月と少し前に行われた、僕らのコンサートで繰り広げられた様々な素晴らしい場面の数々が、今ではあり得ないほど遠い夢のように思えます。砕ける寸前の波のわずか先を駆け抜けることで、あのツアーを完遂できた僕らは、本当にラッキーでした。クイーン・ファンの多くの皆さんが、同じように信じられない思いや、戸惑いを覚えていることと思います。人間の力でどうにかなることであったのならば、予定通りに日程を進めていたでしょうが、当然ながらそれは不可能でした。ありがたいことに、代替案を推し進める準備が先ほど整ったところです。チケットを既に購入された皆さんのお手持ちのチケットは、振替公演に有効となります。よほどのことがない限り、会場で、僕らは皆さんを張り切ってお待ちしています!」

ドラマーのロジャー・テイラーは、今回の延期について次のように述べている
「皆、同じ思いを味わっているよね、一緒に頑張ろう。なんて酷い状況なんだ! うんざりするほどフラストレーションが溜まる! 怖ろしいし、動揺させられ通しだよ! だけど……元気を出して、めげることなく体に付いた埃を払い…….最初からやり直そう!!! 皆さんもどうか元気で……体に気をつけて……できるだけ早く戻って来るからね!!! 深い愛を込めて……ロジャー・T xxx」  

ヴォーカルのアダム・ランバートは、さらに次のように語っている
「ヨーロッパ・ツアーが予定通り行われないのは残念ですが、今は互いを思い遣り、皆さんの健康を第一に考えなければなりません。世界が安全な場所になった時、皆さんに会いに行くのを楽しみにしています」  

ハッシュタグ;#DontStopUsNow の使用を呼びかけている。


#DontStopUsNow  
バンドは今回の発表と併せ、ファンとの交流促進を目的として先日より展開を開始したハッシュタグ;#DontStopUsNow の使用を呼びかけている。
「最後に皆さんへ、僕らから『ありがとう』! ここ最近、世界中のファンやサポーターの皆さんから、クイーンにインスパイアされた沢山の動画が続々と寄せられていて、とても心温まる気持ちになっています。これからもどんどん動画をアップしを続けてもらえたら、クイーンの様々なソーシャル・メディアを通じて、僕らもできるだけ沢山の動画を紹介していくので、#DontStopUsNow のハッシュタグを付けてくださいね!」

 「世界中のクイーン・ファミリーの皆さん、より一層の団結を」