Zakk WyldeがBLACK LABEL SOCIETYの新譜に向けて曲作りを開始

Overseas News
ザック・ワイルドは自身が率いるBLACK LABEL SOCIETYのニュー・アルバムに向けた曲作りを始めたことをソーシャルメディアで伝えた。
長年にわたってOZZY OSBOURNEバンドで演奏してきた経験を持つギタリストZakk Wylde(ザック・ワイルド)は、自身が率いるバンドBLACK LABEL SOCIETYのニュー・アルバムに向けた曲作りを開始したことを明らかにした。

「BLACK LABEL SONGWRITING SESSIONS O’ DOOM/DESTRUCTION/DEMOLITION & DOUBLE BUBBLE TROUBLE w/SABBATH PAGE」とコメントし、彼の7歳になる息子Sabbath Pageと一緒にピアノで音を出しながらの仲睦まじい(息子がじゃれてくる苦労だらけの?)映像をソーシャルメディアに投稿している。

先月彼はBillboardに「4月に曲作り、5月と6月にレコーディングする」と語っていたので今のところ予定通りに事が運んでいる模様。