OMNIUM GATHERUMからギタリスト脱退。新ベーシスト加入。

Overseas News
フィンランドのメロディック・デス・メタルOMNIUM GATHERUMからギタリストのヨーナス・コトが脱退し、新ベーシストミッコ・キヴィストが正式に加入したことが発表された。バンドは5人で新譜の曲作りを開始。同時に新ギタリストも探しているようだ。
フィンランドのメロディック・デス・メタルOMNIUM GATHERUMから、10年近くバンドと共に活動を続けてきたギタリストJoonas Kotoが脱退。さらに、昨年春に脱退したベーシストErkki Silvennoinenの後任としてメロディック・デス・メタルPAIN CONFESSORで活動していたMikko Kivistöを迎え入れたことが発表された。

OMNIUM GATHERUM
「知っての通り、人生において状況はつねに変化し続ける。プラスの側面としては、ベーシストの座がようやく正式に決定した。ようこそMikko Kivistö!このカリスマ的なベースの獣は俺たちと一緒に演奏してきてほぼ1年になるが、同じフィンランドのPAIN CONFESSORのメンバーとして知られていた人物だ。ミュージシャンとしても人としても、このOMNIUM GATHERUM連中にとてつもなくフィットしている!」

Mikko Kivistö(新ベーシスト)
OMNIUM GATHERUMの仲間になれたことは光栄だ。2019年5月にロシアで初めて彼らと演奏した時、即座にここが俺にとって相応しい場所だという感覚を覚えた。だから念願叶ったって感じさ!昨年はフェスティバルもたくさんあったしヨーロッパ・ツアーもあったから最高だったね。今では兄弟や家族と呼べるくらいの心優しい奴らだからバンドに溶け込むのは簡単だった。これまでのベーシストたち同様に激しくかき鳴らすことを約束する。みんなでCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)を打ち負かして、またフェスティバルやツアーなどですぐに会えればいいね。俺のスキルを信頼してくれたOMNIUM GATHERUMに感謝している。ではまた近いうちに。気をつけて、メタルを聴き続けてくれよ!」

OMNIUM GATHERUM
「少しマイナスなニュースもある。長年ギタリストを務めてくれていたJoonas Kotoが少し前に脱退を決めたんだ。いさかいがあったわけではいから驚いてショックを受けたよ。彼はツアーで旅をしていくことに疲れてしまったんだ。俺たちは彼の今後の活躍を祈っている!最近のギグでは、俺たちのメタル兄弟であるJani LiimatainenNick Cordleがセカンド・ギタリストとして手助けしてくれている。2人ともありがとう、君たちの素晴らしさに敬意を表すよ!」

「現在、俺たちは5人で次のアルバムの曲作りを行なっている。けれども、君(もしくは知り合い)がガッツ、度胸、悪い冗談、そしてOMNIUM GATHERUMのギタリストとして必要とされる能力を持っていると思うなら気軽に連絡して欲しい」