HELLOWEENの新譜、ボーカル録りがほぼ終了!

Overseas News
第一次黄金期を築いたカイ・ハンセンとマイケル・キスクが加わり、7人編成で【Pumpkins United】と題したツアーを行なったHELLOWEEN。彼らはそのラインアップのまま原点に立ち返ることをテーマに新譜の録音に突入。3月末日でボーカル録りがほぼ終了した。
ギタリストにして初代ボーカリストでもあったKai Hansen(カイ・ハンセン)と2代目を務めた専任ボーカリストMichael Kiske(マイケル・キスク)が一時的にHELLOWEENに復帰。2017年から2019年にかけて行われた【Pumpkins United World Tour】は世界中のメロディック・パワー・メタル・ファンを歓喜させた。

と同時にHELLOWEEN内部にも何かが芽生えたようで、「先のツアーが俺たちを本当のバンドにしてくれた。今は全員で新しいスタジオ・アルバムのレコーディングに熱中している」と3代目ボーカリストAndi Deris(アンディ・デリス)がコメントし、7人編成となったPumpkins Unitedと呼ばれる面々はニュー・アルバムの制作を地元ハンブルクのH.O.M.E. Studiosにて開始した。

しかも今回のHELLOWEENは、原点に立ち返ることをテーマの一つにし、現ドラマーDani Löble(ダニ・ルブレ)は、1995年に他界した元ドラマーIngo Schwichtenberg(インゴ・シュヴィヒテンバーグ)のドラム・キットを使用するほか、『Master Of The Rings』『Time Of The Oath』『Better Than Raw』といった90年代の作品を生み出したコンソールを使用してアナログ・レコーディングを行なった。

アルバムのタイトルは未だ決定されていないようだが、そのニュー・アルバムのレコーディングも現在は最終局面を迎えている。

彼らがYouTubeに投稿するビデオ・ダイアリー『Studio Update』によれば、3月末日の時点で、スペインのテネリフェにあるAndi DerisMi Sueno Studiosにて行われていたAndi DerisMichael Kiske、両ボーカリストのレコーディングもおおむね終わりだという。

HELLOWEENは9月26日から【United Alive World Tour Part II】を開始する予定となっているので、それまでにはアルバムがお目見えするはずだ。

STUDIO UPDATE: Michi and Andi (hard) at work! | HELLOWEEN

 (25389)

26.09.2020 SK 🇸🇰 Zvolen, Ice Stadium
27.09.2020 AT 🇦🇹 Vienna, Gasometer
29.09.2020 CH 🇨🇭 Zurich, Samsung Hall
30.09.2020 IT 🇮🇹 Milano, Lorenzini District
02.10.2020 DE 🇩🇪 Stuttgart, Schleyer-Halle
04.10.2020 UK 🇬🇧 Manchester, Manchester Academy
05.10.2020 UK 🇬🇧 London, Brixton Academy
07.10.2020 FR 🇫🇷 Paris, Olympia
08.10.2020 LU 🇱🇺 Luxemburg, Rockhal
09.10.2020 FR 🇫🇷 Lyon, Le Transbordeur
11.10.2020 ES 🇪🇸 Barcelona, St. Jordi Club
12.10.2020 ES 🇪🇸 Madrid, WiZink Center
15.10.2020 CZ 🇨🇿 Prague, O2 Arena
16.10.2020 DE 🇩🇪 Bochum, Ruhrcongress
17.10.2020 DE 🇩🇪 Hamburg, Sporthalle
19.10.2020 HU 🇭🇺 Budapest, Papp Laszlo Sportarena
20.10.2020 PL 🇵🇱 Katowice, MCK
23.10.2020 RU 🇷🇺 Moskau, Adrenaline - Stadium
25.10.2020 RU 🇷🇺 St. Petersburg, A2
27.10.2020 EE 🇪🇪 Tallin, Noblessneri Valukoda
29.10.2020 FI 🇫🇮 Helsinki, Black Box
31.10.2020 SE 🇸🇪 Gothenburg, Partille Arena