WARRANTのErik Turnerが息子と懐かしの「I Saw Red」をアコースティック演奏!

Overseas News
WARRANTのオリジナル・ギタリスト、エリック・ターナーは、彼の息子Noahと共にバンドのヒット・シングルのひとつ、「I Saw Red」(1990)をアコースティック演奏。その様子をソーシャルメディアで公開した。
新型コロナウイルスによる影響で、これまでのようなライブ活動がままならない状態が続いている。しかし、そのことから生まれた時間をこれまでとは違った形で活用するミュージシャンたちが増えてきた。

WARRANTのオリジナル・ギタリストErik Turner(エリック・ターナー)の場合は、彼の息子Noahと2人で「I Saw Red」を演奏。3月29日、その映像をソーシャルメディアへ投稿した。

これは、Erik Turnerがアコースティック・ギターを弾き、息子Noahが歌うというアコースティック・セッション。

演奏した「I Saw Red」は、WARRANTの大ヒット2ndアルバム『Cherry Pie』(1990)に収録されており、シングルとしてもヒット。Billboard 200で7位を記録した曲だ。

「俺たちはみんな家にいるからWARRANTの奴らも今は一緒にいられない。そこでErik Turnerは、みんなのために息子のNoahと曲を演奏したら楽しいだろうと考え、WARRANT‘I Saw Red’を急遽自分たちなりのバージョンにしてやってみた。楽しんでくれたら嬉しい。メンバーたち(Down Boys)はまたツアーに出てみんなと顔を突き合わせながらロックンロールしたくてたまらないんだ。気をつけて元気に家で過ごしてくれよ」

Warrant - I Saw Red (Official Video)