FASTER PUSSYCATのドラマーChad StewartがCOVID-19から回復!

Overseas News
アメリカのスリージーなロックンロール・バンドFASTER PUSSYCATが2001年に再結成したときからドラムを務めるChad Stewart。彼は新型コロナウイルス感染症だったが、現在は無事に回復したことが報告された。また、スタジオにて新作の制作も行われている。
1986年結成。1987年の1stアルバム『Faster Pussycat』、1989年の2ndアルバム『Wake Me When It’s Over』がゴールド・アルバムとなったカリフォルニア州のロックンロール/ハード・ロック・バンドFASTER PUSSYCAT

1993年に一度解散するが、2001年に再結成。

その再結成時からバンドに在籍するドラマーChad Stewart。は、今月始めに新型コロナウイルスによる症状が表れて検査の結果、陽性。しかし今は無事に回復したようだ。

3月28日に彼がツイッターへ投稿している。

「最近俺がCOVID-19と診断されたことで心配してくれたみんな、ありがとう。俺はだいぶ回復していて今は休養している。最悪の状況は過ぎ去ったよ。ツアーができるようになったら会おう。みんなも気をつけてくれよ!!手を洗って!!じゃあまた」


FASTER PUSSYCATのスタジオ・アルバムとしては『The Power & The Glory Hole』を2006年にリリースしたきりだったが、現在ニュー・アルバムの制作を順調に行なっているとのこと。