AVANTASIAは新譜に向けて作業開始。EDGUYは活動休止中。

Overseas News
トビアス・サメットは自身のバンドEDGUYとプロジェクトAVANTASIAの動向について気になっているファンたちに向け、現在どの様になっているのかを簡単に説明した。
ドイツのパワー・メタル・バンドEDGUYのボーカリストTobias Sammet(トビアス・サメット)率いるプロジェクトTOBIAS SAMMET’S AVANTASIA

2001年のデビュー・アルバム以来、毎回、名のある優れたミュージシャンを多数ゲストに迎えながらシンフォニック/オペラティック・パワー・メタルの壮大な世界を繰り広げて確固たる地位を築いてきた。

2019年2月に『Moonglow』をリリースしたTobias Sammetは、AVANTASIAのFacebookページに、新作に向けた作業を開始していること、そしてEDGUYは現在活動休止中であることを投稿した。

彼の活動についていろいろと質問が寄せられ、個別に返信するかわりに、今、この時を利用して両バンドの状況を説明することにしたという。

彼の話を要約する。まず、第一声はこうだ。

EDGUYが最近どうしているのか、俺が次に何をするのか、AVANTASIAの次のアルバムはいつだとか、そういうことが気になっている人がいると思う。けれども、最近はこの先数ヶ月がどうなってしまうのか誰にもわからない。まずは健康と安全を第一に考えるべき。いま大事なのはそれだけだよ!」

「今俺はAVANTASIAのアルバムに取り組んでいるが、EDGUYはしばらく休止状態だから何もしてない」とのこと。アーティストとして湧き上がってくる創作意欲や衝動という感覚を大切にしているようで、「俺にとって芸術には俺のやり方しかなく、その正直な自己決定の義務を負っている」と言う。

AVANTASIAに関しては、「少し前にSascha Paeth(ギタリスト、プロデューサー)と素晴らしいアイデアに取り組み始めた」とのこと。しかし、当然のことながら現段階では、それがいつ完成するかはわからない。

一方、EDGUYは、「2014年の『Space Police - Defenders Of The Crown』は素晴らしいアルバムだったけど、自分が満足するだけのアルバムを作り出す努力でかなり消耗した」と言う。

EDGUYから30年近く音楽活動を続けてきて、1999年からはAVANTASIAを開始、18枚のアルバムを作ってきたTobias Sammetだが、どうやら彼はほかにもやってみたいソロプロジェクトのアイデアをまだ持っているようだ。しかし、体は一つであり、一度にたくさんのことに没頭したくないとも考えている。さらに年齢も42歳となり、父親として家庭も持つ身。どちらのバンドも愛しているが、時計のように正確にアルバムを出し続けることは不可能であるとし、今回の話を以下のように締めくくった。

「未来がどうなるかなんて誰にもわからないけど、俺は自分の仕事を続けて、何がいつ出るのかを見ていくことにする。こんな物騒な世の中でも、皆に力と希望と光があることを願っている。俺はね、ミュージシャンが2つのバンドのどちらとアルバムをリリースするかという問題なんかよりも、人生にはもっと大切なことがあることを十分に知っているんだ。今、世界全体がどうなっているかを考えると、これは全然重要なことではないから、ささいなことをあまり深刻に考えないようにしよう」

EDGUY - Love Tyger (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

EDGUY - Sabre & Torch (OFFICIAL LYRIC VIDEO)

AVANTASIA - Starlight (OFFICIAL LYRIC VIDEO)

AVANTASIA - The Raven Child (OFFICIAL LYRIC VIDEO)

TOBIAS SAMMET’S AVANTASIA feat. CANDICE NIGHT – Moonglow (OFFICIAL MUSIC VIDEO)