TESTAMENTのChuck Billyが先ごろのツアーと仲間の新型コロナウイルス感染症についての所見を語る

Overseas News
2月前半から3月前半にヨーロッパ・ツアーを行なったTESTAMENT、EXODUS、DEATH ANGELの3バンド。彼らの1/3が帰国後に体調を崩したという。TESTAMENTのボーカリストChuck Billyが所見を語った。
TESTAMENTEXODUSDEATH ANGELの3バンドは【THE BAY STRIKES BACK 2020】と題したヨーロッパ・ツアーを2月前半から3月前半まで行なっていた。しかしそれは、ちょうど新型コロナウイルスが急速に広がり始めた時期だった。アメリカに帰国後、バンドやクルーのおおよそ1/3が体調を崩す事態に。検査の結果、新型コロナウイルス感染症であることが判明した者もいるという。

これまでの情報によれば、EXODUSのギタリストGary Holtは新型コロナウイルス感染症の症状が出たために検査を受け、TESTAMENTのボーカリストChuck Billyは検査の結果、陽性だったが、現在はかなり回復しているようだ。さらに、詳細は不明ながら、DEATH ANGELのドラマーWill Carrollは、容態が芳しくなく、ICU(集中治療室)に入ったことがソーシャルメディアを通じて報告されていた。

3月26日にSiriusXMTrunk NationにてChuck Billyが仲間の状況を語った。

Will Carrollは病院に行かなくてはならない状態になって、今はICUで人工呼吸器をつけている。彼が最初に新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示したと思う。そして俺と2人のクルーにも陽性反応が出た。Gary Holtと彼の奥さんはまだ検査結果を待っているはず。俺たちの多くは、かなり体が怠くなったり、痛くなったり、胸の苦しさや息切れといった感覚を経験している。みんな同じような状態になったので、最初の結果を待っていた。全員同じ病気かもしれないからね。TESTAMENTAlex Skolnick(ギター)、Gene Hoglan(ドラム)、Eric Peterson(ギター)は元気だよ。症状は出ていない」

ツアーに参加して感染したバンドや関係者は、その原因がどこにあったのか探ろうとしたができなかったようだ。

「俺たちはどこに原因があったのか追跡しようと試みたがはっきりとした答えになるようなものは得られていない。感染期間も、いつどのように感染するのかもわからない。幸運なことに俺たちはツアー中に誰も具合が悪くならなかった。ヨーロッパを離れて帰国するのは正しかった。それは最終日だったと思う。たぶん空港で接触したくらいなんだけど、よくわからないな。Ericは別の方法で移動したから病気になっていないし、Geneもそう。Alexもそうだけど、彼は別のホテルに泊まっていたんだ。その空港を通ったことで感染したかどうかは断定できないけどね。ひょっとしたら最後の夜に感染したのかもしれないけど、そうも言い切れない。とは言え、ヨーロッパ滞在時は元気だった。帰宅してから24時間以内に3バンドで話してみて病気の人がいることがわかった。ツアー終盤のどこかで感染したんじゃないかと思う。メンバーやクルーも含めて3バンドの1/3が体調を崩している」