イタリアのULTRA-VIOLENCEからドラマーFrancesco Frullo La Rosa脱退

Overseas News
イタリアのスラッシュ・メタル・バンドULTRA-VIOLENCEから4年間在籍していたドラマーFrancesco Frullo La Rosaが脱退した。バンドはすぐに後任を発表する模様。
2016年にも来日公演を行ったイタリアのスラッシュ・メタル・バンドULTRA-VIOLENCE。バンドからドラマーFrancesco Frullo La Rosaが脱退したことが発表された。

Loris Castiglia(ギター、ボーカル)
Frulloとはちょうど4年前、2016年3月に最初のショウをやって以来、演奏してこれたことを誇らしく思う。最初はセッション・ドラマーだったけど、翌年には公式のメンバーになった。すぐにバンドの演奏力が向上したし、彼の能力に合わせるために練習して上達する必要性も感じた。その上、ツアーに関することやプロのミュージシャンになることについての多くを学ぶことができた。そういったすべての事柄が今日のULTRA-VIOLENCEを形成しているわけで、とても誇りに思っているし、彼は称賛を受けるに値する。最高の時間を過ごすことができたけど、もっとも重要なことは常に友人であり、互いに誠実であったこと。それってバンドのメンバーとして一番重要なことなんだよ。俺たちは日本、スペイン、チェコ共和国で最高のショウを行い、ヨーロッパをツアーして、最高のアルバム『Operation Misdirection』をレコーディングした。どんな状況でも常にベストを尽くしてきたよ。たとえ最悪な状況に陥ってもね。そうしたことがたくさんあったんだ。本当さ。驚くべきことはこのラインアップで口論が起きなかったこと。狭い車で移動しながら何週間も同じ人と過ごすんだからそんなことは不可能に近いのに。4人ともわがままを言わず、いつもお互いのことを気にかけていた。だけれども、良きにつけ悪しきにつけ、すべての事柄には始まりと終りがあるもの。彼の脱退は起こるべくして起こったことだけれども、俺たちの間に悪い感情は微塵もない。今後も友人であり続けるし、一緒にやってきたことを一生大切にしていくよ。Frulloありがとう。君の成功を祈っている!数日中に新しいドラマーを発表するからお楽しみに!」

Francesco Frullo La RosaIANVAEXTREMADENIALMEGANOIDIなどで活動を続けている。

Ultra-Violence - Cadaver Decomposition Island