DARK TRANQUILLITYからギタリストNiklas Sundinが脱退

Overseas News
2016年末からツアーに不参加だったDARK TRANQUILLITYの創設メンバーでギタリストのNiklas Sundinがバンドから脱退することを発表した。今でもDARK TRANQUILLITYののビジュアル面では関わっており、音楽活動は続けていく。
DARK TRANQUILLITYからバンド創設メンバーのひとりであるギタリストのNiklas Sundinが脱退したことが発表された。

Niklas Sundinは、彼の幼子との家族生活を大切にするために2016年10月にバンドのツアーから離脱することを発表。2017年から現在に至るまで、彼の代役を務めてきたのがJohan ReinholdzANDROMEDA)とChristopher Amott(元ARCH ENEMY、元ARMAGEDDON)だった。

Niklas Sundin
「知っている人もいるだろうが、俺は家庭生活に集中するために、2016年からDARK TRANQUILLITY(以下D.T.)での演奏を休んでいた。『Atoma』のツアーが終了し、ニュー・アルバムのレコーディングが開始される今、バンド脱退を発表する時期が来た」

「この30年間の経験に感謝している。俺たちは音楽知識のない10代の若者としてD.T.を創設したんだ。そして、このバンドが作った曲は俺たちを世界中へと連れて行ってくれたし、メタルの新しいサブジャンルを生み出す役割の一端も担ったり、スウェーデンのグラミー賞にもノミネートされた。さらに重要なことは、世界中の人々にポジティブで人生を変えるような影響を与えたことだ。多くのアーティストが求めている以上のことをなし得たことには恐縮の至りだよ」

「けれども俺は、バンドとしては演奏よりも創造的な過程を常に楽しんでいたことは周知のことだと思う。アルバムを出すたびに行われる大規模なツアーは段々と魅力を失っていったんだ。バンドとファンにとっては、前向きの勢いを維持するために、できるだけツアーに出たいと思っているメンバーこそがふさわしい。だから身を引いて、音楽的創造性を別の分野に向けることにしたというわけ。俺はまだ、D.T.のビジュアル面に携わっていて、次のアルバムのカバー・イラストに取り組んでいる」

「バンドのメンバー、素晴らしいクルー、そして過去30年間にわたって俺たちを支えてくれたすべての人々に、心より敬意を表したい。今後の音楽活動の試みとしては、エレクトロニック・プロジェクトのMITOCHONDRIAL SUNというのがあって、2月にデビュー・アルバムをリリースしたばかり。メタルやメタル以外も含めてさらにいくつかのプロジェクトやコラボレーションが進行中だよ。前進しているんだ!」

MITOCHONDRIAL SUN - Celestial Animal (official video 2019)

MITOCHONDRIAL SUN - The Great Filter (official video 2020)

MITOCHONDRIAL SUN - Nyaga (official video 2019)