「BODOM AFTER MIDNIGHTではCHILDREN OF BODOMの曲も演奏する」とAlexi Laiho

Overseas News
元CHILDREN OF BODOMのAlexi LaihoとDaniel Freybergが始めたBODOM AFTER MIDNIGHTなる新バンド。ステージでは、CHILDREN OF BODOMの様々な曲を演奏する予定とのこと。
2019年12月にAlexi Laiho(ギター、ボーカル)とDaniel Freyberg(ギター)を残し、バンド名の権利を持ったHenkka T. Blacksmith(ベース)、Janne Wirman(キーボード)、Jaska Raatikainen(ドラム)が脱退。ひとまず幕を下ろすことになったフィンランドのメロディック・デス・メタル・バンドCHILDREN OF BODOM

ファンならば誰しもが気になっていたAlexi Laihoの動向が先日発表されたことは、すでにお伝えしたとおり。

Alexi Laihoは、Daniel Freybergと共にBODOM AFTER MIDNIGHTというバンド名で新たな活動を始め、いくつかショウの日程も発表されている。

BODOM AFTER MIDNIGHT
ギター、ボーカル:Alexi Laiho
ギター:Daniel Freyberg
ベース:Mitja Toivonen(元SANTA CRUZ
ドラム:Waltteri VäyrynenPARADISE LOST
セッション・キーボーディスト:Lauri Salomaa

6月27日 <Tuska Festival> Helsinki, Finland
7月18日 <John Smith Rock Festival> Laukaa, Finland
8月15日 <Summer Breeze> Dinkelsbühl, Germany


すでにBODOM AFTER MIDNIGHTでの曲作りにも取り掛かっているようだが、ライブではCHILDREN OF BODOMの曲も演奏するとAlexi Laihoは語っている。

フィンランドのKaaos TVのインタビューから引用する。

「俺たちはCHILDREN OF BODOMの曲を演奏するけど、それはほとんどの観客が聴きたがっていることだからさ。いずれにせよ俺が書いた曲なわけで、演奏しない理由はないよね。いわゆるお決まりの曲もあるけど、CHILDREN OF BODOMがこれまで一度も演奏したことのない曲や、長年演奏していない曲もやる予定だから全体としては良い感じにミックスされたものになるよ。できるだけ異なる多様なセットリストをそれぞれのショウで心がけるつもり。このバンドでステージに上がるのが凄く楽しみなんだ。俺にとってライブは人生の大部分をしめているからね。最後ショウからまだ何ヶ月も経っていないのにずいぶんと時間が過ぎた気がする。演奏したくてたまらないね。すぐにできないのなら、バーにでも行ってブルースでも演奏することにするよ(笑)」

Alexi Laiho haastattelu Bodom After Midnight 16.3.2020 (English subtitles)