オリジナル・ラインアップのBULLETBOYSが新作の曲作りを開始!

Overseas News
ロサンゼルスで1988年にデビューしたハード・ロック・バンドBULLETBOYS。メンバー・チェンジが頻繁に行われ、近年はボーカリストのMarq Torienのみが唯一残る創設メンバーだったが、2019年にオリジナル・メンバーが揃って復帰。新作の曲作りを開始した。
1988年に『Bulletboys』でデビューしたロサンゼルスのハード・ロック・バンドBULLETBOYSには、ボーカリストにMarq Torien(元RATT、元KING KOBRA)、ギタリストにMick Sweda(元KING KOBRA)が在籍していたことでも注目された。

『Bulletboys』からはシングル・カットされた「Smooth Up in Ya」THE O’JAYSのカバー「For The Love Money」がヒット。アルバムはBillboard 200で34位をマークした。

その後も断続的に活動を続け、2018年の『From Out Of The Skies』まで12枚のアルバムを発表するも、オリジナル・メンバーはボーカリストのMarq Torienのみとなっていた。

しかし、2019年末に、BULLETBOYSがオリジナル・ラインアップを揃えてほんの僅かのショウを行うことを発表。ちなみに最初のライブは2019年12月30日ウェストハリウッドのWhisky A Go Goで行われた。それが現在では10以上の公演スケジュールが出てきているところを見るとバンドの状態は良さそうだ。

先週公開されたポッドキャストAppetite For DistortionのEp.179にBULLETBOYSMarq Torienが登場してニュー・アルバムの構想を語った。

「俺たちが取り掛かっているのは新しい音楽にほかならない。そういうわけで、今は曲を書くことに精を出している。電話だとか外出といったものを控えて熱心に取り組んでいるよ。昨日は俺とJimmy D’Anda(ドラム)でやっていた。今回の作品はみんなが長いこと俺たちに期待していた、非常に多様で、本当に素晴らしいものになるはず。俺たちはたくさんの新しいアイデアと充電されたエネルギー、そして優れた能力を活かしてまったく新しい方向へ行こうとしている。なにか特別なことをしたかったんだよ。俺はたくさんの音楽を聴いてきたし、さまざまなバンドのファンだ。でも、みんなが冒険やリスクを負うようなことをしているわけではない。だから俺たちは今書いている次の作品(EPかアルバム)がでそれをやろうとしているのさ」

BULLETBOYS
ボーカル:Marq Torien(元RATT、元KING KOBRA
ギター:Mick SwedaKING KOBRA
ベース:Lonnie Vencent
ドラム:Jimmy D’AndaLYNCH MOBGEORGE LYNCHの作品にも参加)