VENOM INC.が2ndアルバムのレコーディング開始!

Overseas News
元VENOMのMantas(ギター)とDemolition Man(ベース、ボーカル)、そしてAbaddonに代わるドラマーとしてJeramie Kling(THE ABSENCE、MASSACRE)を迎えたVENOM INC.が2ndアルバムのレコーディングを開始した。
VENOMのメンバーであるMantas(ギター)、Demolition Man(ベース、ボーカル)、Abaddon(ドラム)という布陣で2015年に開始したVENOM INC.

2018年にドラマーがAbaddonからJeramie KlingTHE ABSENCEGOREGÄNGRIBSPREADERMASSACRE、元WOMBBATH)へと交代している。

彼らは2017年のデビュー・アルバム『Avé』に続く2ndアルバムのレコーディングを行うためにスタジオ入りした。

プロデュースを務めるのはMantasで、イングランド、ポルトガル、アメリカでレコーディングされ、Nuclear Blast Recordsからリリースとなる。

Demolition Man
「俺は、他者ではなく自分自身と比べて、人生をより良くしていこうとする信念を持っている。Nuclear Blastのようなレーベルで誇りを持ってニュー・アルバムを作れるということは、再び俺にその機会を与えてくれるということだ。もしも『Avé』が素晴らしいアルバムだったのならば、今回はもっと素晴らしいものにする必要がある。『Avé』でのパフォーマンスがその時のベストだったとすれば、それに勝るものにする。ほかの誰かの善し悪しなどはおかまいなしだ。俺たちは自分自身に挑戦するためにここにいる。3人全員が息を合わせ、それぞれが己の能力を全開にして立ち向かえば、強烈でパワフル、ダークで唾吐きな、むき出しの感情、不吉な予感、なんでもありで無制限な……そういう何かが期待できる。鉛でできた世界のようなヘヴィさ!燃えるがごとき熱さ、轟音……俺たちがVENOM INC.だ!」

なお、MantasDemolition Manは2010年からM:PIRE OF EVILM-PIRE OF EVILとも表記される)でも活動を続けている。