KK'S PRIESTのボーカル録音終了!

Overseas News
K. K. Downingを中心にTim Owens、Les Binksといった元JUDAS PRIESTのメンバーが集って結成したKK'S PRIEST。すでにアルバムの歌入れが終了。詳細は話せないが「素晴らしい作品になる」とTim Owensが語っている。
2011年にJUDAS PRIESTを脱退したギタリストK. K. Downingは、同じく元JUDAS PRIESTTim "Ripper" Owens(ボーカル)、Les Binks(ドラム)と共にKK'S PRIESTなる新バンドを結成したことが先月報じられた。

KK'S PRIEST
ボーカル:Tim "Ripper" Owens(元JUDAS PRIEST、元ICED EARTHTHE THREE TREMORS
ギター:K. K. Downing(元JUDAS PRIEST
ドラム:Les Binks(元JUDAS PRIEST
ギター:A.J. MillsHOSTILE
ベース:Tony NewtonVOODOO SIX

今回、KK'S PRIESTのデビュー作となるボーカルのレコーディングを終了させたTim "Ripper" Owensは、3月11日、SiriusXMTrunk Nationに出演してアルバム制作の途中経過を語った。

「上手くいってる。K. K.とスタジオで撮った写真もソーシャルメディアに投稿したよ。俺のボーカルは録り終わったけど、信じられないようなサウンドだね。本当に凄いアルバムになるぜ。当たり前だけど、今はあまり話すことは出来ない。でも本当にいい感じさ。俺たちみんな素晴らしい時を過ごしているんだ」

「興奮している。ボーカルは最高の出来だね。高音も攻撃性も古典的なメタル・サウンドもたっぷりなんだ」

K. K.はツアーよりもまずはこのアルバムを出すことの方に夢中で、それらの曲をライブで演奏することにも興奮しているよ。とにかく、このアルバムを出すまではショウは行わない」

「スタジオで俺がなにかしている時など彼がつねに言うのは『観客はそれを気に入ってくれるはずだ』ということ。それがK. K.の考え方なのさ」

「俺たちは平凡なものを求めているわけじゃない。頂点だよ。このアルバムを作ることができたことが何よりも大事なことだ」

KK'S PRIESTのデビュー・アルバムは海外でExplorer1Music Groupからリリースされる。

ライブでは新曲のほかに、JUDAS PRIESTの名曲も演奏されることになっている。