KING DIAMONDは療養のため、メキシコの<Hell & Heaven Metal Fest>をキャンセル

Overseas News
KING DIAMONDは3月15日メキシコシティで開催される<Hell&Heaven Metal Fest>への出演をキャンセル。最近手術を受けたフロントマンのKing Diamondは、その回復が予想よりも遅いため、飛行機での移動を控えるように医者から言われたことによる。
KING DIAMONDは、3月14日、15日にメキシコシティで開催される<Hell&Heaven Metal Fest>への出演(3月15日)をキャンセルすることとなった。

King Diamond(ボーカル)
「最近、医師から手術を受けるように言われた。すぐに手術をしなければ飛行機で移動することはできなかっただろうからね。術後に合併症が起こる心配はしていなかったものの、期待していたよりも回復が遅くなってしまった。だから、状態が安定してこれ以上余計なリスクが最小限に抑えられるまでは飛行機による移動は控えるように言われたんだ。つまり、残念なことに今週末に予定していた<Hell&Heaven Metal Fest>で演奏できなくなってしまった。我々はメキシコでプレイするのが大好きなので、この埋め合わせをする機会を楽しみにしている」

テキサス州ダラス郊外に20年以上住んでいるKing Diamondは、2010年末に心臓のバイパス手術を受けており、術後は以前よりも健康になったと話していた。

なお、<Hell&Heaven Metal Fest>にはKATATONIAも出演を予定していたがキャンセルとなったことが発表されている。こちらはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)による影響を危惧して移動を制限されたため。