2020年度「韓国大衆音楽賞/KOREA MUSIC AWARDS」最優秀メタル&ハードコア・アルバム部門を制したメロディック・デス/スラッシュ・メタルの名手METHODのコメントが到着!

Overseas News
2月27日(木)、通算17回目の「韓国大衆音楽賞/KOREA MUSIC AWARDS」各賞の受賞者が発表され、今年でキャリア18年となるメロディック・デス/スラッシュ・メタルの名手METHODの5thアルバム「DEFINITION OF METHOD」(2019年作)が最優秀メタル&ハードコア・アルバムに選出された。

「韓国大衆音楽賞/KOREA MUSIC AWARDS」とは2004年から年1ペースで選定、発表される「韓国版グラミー賞」といった位置付けの権威あるアワード。従来メタル系のアルバム群は「最優秀ロック部門」と一緒くたに審査されており、メタルコア・バンドのVASSELINE(2005年)、正統派のヴェテラン・バンドBLACKHOLE(2006年)、スラッシュ・メタルの古豪CRASH(2011年)が受賞した前例もある。しかし、自国のHM/HRバンドに光がさらに当たるよう、2016年度から「最優秀ヘヴィネス・アルバム部門」が新設。翌2017年から同部門は、ハードコアパンクも包摂した「最優秀メタル&ハードコア・アルバム部門」にリニューアルされた。

こうして去る2月27日(木)、通算17回目の「韓国大衆音楽賞/KOREA MUSIC AWARDS」各賞の受賞者が発表され、今年でキャリア18年となるメロディック・デス/スラッシュ・メタルの名手METHODの5thアルバム『DEFINITION OF METHOD』(2019年作)が最優秀メタル&ハードコア・アルバムに選出された。
METHODの5thアルバム「DEFINITION O...

METHODの5thアルバム「DEFINITION OF METHOD」


既に彼らは、前作『ABSTRACT』(2015年)でも「最優秀ヘヴィネス・アルバム部門」を制したことがあるため、今回で2度目の受賞となる。しかし今回は、新たなレーベル/マネジメントへの移籍第1弾アルバムでの受賞だったので、感慨ひとしおだったようだ。ドラマーのキム・ワンギュからコメントが到着したので、ここに紹介しよう。
METHOD

METHOD

キム・ワンギュから日本のファンの皆様へコメント


「今まで実にハードな時間を沢山過ごしたけど、あきらめずに努力し続けた結果、受賞することが出来た。俺達をサポートしてくれた総ての人々に心から感謝している。「DEFINITION OF METHOD」というリリースした今作は、「DEFINITION/定義」という言葉が含まれている通り、俺達METHODが常に志向するサウンドを失わず、それでいて斬新な試みを沢山採り入れているのが大きな特徴だ。つまり、METHODならではの音楽を新たに"定義"するというメッセージとコンセプトで構成されたアルバムなんだ。緻密でタイトなリフとリズム構成、アグレッシヴながらもスピーディーな楽曲、うねるようなグルーブと美しいメロディが共存するサウンド・スケープが広がっている。日本のメタル・ファンにも、様々な要素がガッチリと噛み合った今作を存分に堪能して欲しい」

[M/V] METHOD 5TH_CIRCLE OF VIOLENCE

METHOD「DEFINITION OF METHOD」

METHOD「DEFINITION OF METHOD」

韓国ではALES Musicより発売中
国内盤は2020年3月27日(金)にCARRNAL BEAST発売!

<収録曲>
01. Circle of Violence
02. Deadliest Warrior
03. Eclipse
04. Nothing to Fear※韓国の女性YouTuber歌手のイ・ラオンが客演
05. 5492
06. Passed by Your Side
07. Isolation
08. Madness of Death
09. Just A Trace
10. Fragile Existence
※歌詞は①②③④⑤⑥⑧⑨⑩が英語、⑦のみ英語詞と韓国語詞が混在

~2020年度「韓国大衆音楽賞」最優秀最優秀メタル&ハードコア・アルバム部門 受賞作~

《アートワーク》 ニクラス・スンディン(DARK TRANQUILLITY)
《マスタリング・エンジニア》 イェンス・ボグレン(DRAGONFORCE、ARCH ENEMY、AMORPHIS、OPETH、SOILWORK他)


 (24638)

<メンバー>
・キム・ジェハ Kim JaeHa (Guitar)
・ウ・ヨングソン Woo JongSeon (Guitar, Vocals)
・キム・ヒョウォン Kim HyoWon (Bass)
・キム・ワンギュ Kim WanKyu (Drums)

<バイオグラフィー>
METHODは、2002年に韓国で結成されたメロディッック・デス/スラッシュ・メタル・バンド。 キム・ジェハ<g>とキム・ヒョウォン<b>を中心に結成。オリジナルの5人編成で2005年に神戸で初来日公演を行い、デビュー作『SURVIVAL OV THE FITTEST』は後年、ボーナス・トラック2曲を追加してウルトラ・ヴァイヴより国内リリースされる。2009年の2ndフル・アルバム『SPIRITUAL REINFORCEMENT』は、「韓国大衆音楽賞」最優秀ロック・アルバム部門にノミネートされ、2012年には同じ韓国のSILENT EYE、DARK MIRROR OV TRAGEDYという3組カップリングによる来日公演を東京で2本こなした。翌年からウ・ジョンソン<vo,g> が加入して現行の4人編成に。その後、キム・ワンギュ<ds>を迎え入れると共に、スウェーデンの名匠イェンス・ボグレンをマスタリング・エンジニアに起用した4thフル・アルバム『ABSTRACT』(2015年)で翌年の「韓国大衆音楽賞」最優秀ヘヴィネス・アルバム部門の覇者となり、2017年6月には前掲の韓国のSILENT EYE、日本産スラッシャーのCRUCIFIEDという3組共作によるスプリット盤『AT THE KILL』を発表、同年7月に東京で行なわれた同作のリリース・イベント出演のため、6年ぶり・3度目の来日を果たした。2018年10月には、キャリア初のライヴ盤『METHOD’S LIVE METHODS』もリリースした。本作はオリジナル・スタジオ盤としては4年ぶりに放つ通算5枚目で、イェンス・ボグレンを再びマスタリング・エンジニアに起用した作品である。