DOKKENのステージにGeorge Lynch!

Overseas News
手術後に片腕が麻痺してしまったDon Dokkenだが、強靭な精神力でDOKKENのツアーを開始。そのツアー初日にはGeorge Lynchが参加して数曲演奏する一幕も。今回のDOKKENのツアーは、その一部の日程でGeorge Lynchがステージに立つことになってる。
 (24535)

2019年11月に首と脊椎の手術を受けたDOKKENのフロントマンDon Dokken

その後、合併症によって彼の右腕と手は部分的に麻痺してしまい、日常生活における身の回りのことも上手くこなせない状態だった。けれども、彼の精神力と多少の回復が見られたことによって予定通りDOKKENのツアーを行うことになったようだ。

今回のツアーの目玉は、元ギタリストのGeorge Lynchが共にステージに立つ日がいくつか含まれていること。

3月6日金曜日ミシシッピ州ビロクシのHard Rock Liveからツアーをスタート。この初日は、Don Dokkenにとって術後初となるフル・ショウであること、さらにはGeorge Lynchが参加する特別な日となった。

George LynchDOKKENのショウの後半に登場し、「Kiss Of Death」「When Heaven Comes Down」「Tooth And Nail」の3曲を演奏。その様子はファンに撮影されておりYouTubeで見ることが可能。

Jon Levin(ギタリスト)
「俺はDOKKENのショウでは一度も話したことはないと思うけど、今夜こうして話せることはとても名誉だよ。なぜなら、俺の大好きなギター・プレイヤーの一人が今夜ここにいるからさ。彼を紹介することができて光栄だ。George Lynchを拍手で迎えよう。説明の必要はないよな。さあ、聞こうぜ」

Don Dokken(ボーカル)
「ネット情報で俺が少々問題を抱えていたことを知っていると思うけど、手術を受けたんだ。で、目が覚めてみたら歩けない。麻痺していた。そんなもんだろうな。医者は『そうですね、散歩には行けるかもしれない』って言うから『おい、何だって?ふざけんな。俺はツアーに戻るんだぜ。歌うんだよ。くたばりやがれ。俺たちはツアーをやってぶちかましてやるんだ』って言ったのさ。で、Georgeから連絡が来て『大丈夫かい?』って聞いてくれたから『まあ、頑張ってるよ』ってなやりとりがあってここにいるわけさ」

Dokken & George Lynch "Kiss Of Death" @ Hard Rock Casino Biloxi, MS.