80'sスラッシュ・メタルの洗礼を受けたREACTORYが3rd「COLLAPSE TO COME」を3月20日にリリース

Overseas News
ドイツを拠点に活動 、80'sスラッシュ・メタルの洗礼を受けたドイツ/ブラジル混成バンドREACTORYが3rdアルバム「COLLAPSE TO COME」を3月20日にIron Shield Recordsからリリースする。

ドイツを拠点に活動 、80'sスラッシュ・メタルの洗礼を受けたドイツ/ブラジル混成バンドREACTORYが3rdアルバム「COLLAPSE TO COME」を3月20日にIron Shield Recordsからリリースする。
REACTORY「COLLAPSE TO COME」

REACTORY「COLLAPSE TO COME」

発売日:2020年3月20日
レーベル:Iron Shield Records
品番:ISR090-20

<収録曲>
01.Space Hex
02.Speedboat Piracy
03.Graves Of Concrete
04.Misantropical Island
05.Drone Commander
06.Evolving Hate
07.Born From Sorrow
08.Galactic Ghosts
09.Enemy

Reactory - Graves Of Concrete (LYRIC VIDEO)

 (24487)

<メンバー>
・ハンス・ ホーナング<vo>
・ジェロム”ジェリー”デューレン<g>
・ウリ・ホフマン<b>
・ カウエ・ドス・サントス<ds>

<バイオグラフィー>
REACTORYはドイツの首都ベルリンで活動する4人組スラッシュメタルバンド。ただしメンバ ー4人のうち、カウエ・ドス・サントス<ds>はブラジル出身で、同国の大都市サンパウロ拠点の SOCIAL CHAOSなるグラインドコアバンドに元々在籍していた人物である。 ハンス・ホーナング<vo>とジェロム”ジェリー”デューレン<g>を中心に2010年に結成後、同 年発表のセルフタイトルのデモ音源を経て、2013年1月にデビューEP『KILLED BY THRASH 』をリリース。地元ベルリンの「Iron Shield Records」で配給された1stアルバム『HIGH ON RADIATION REACTORY』(2014年)からカウエが加入した編成となる。「F.D.A. Records」で 配給された2ndアルバム『HEAVY』(2016年)も同一ラインナップで発表された。 今作は古巣の「Iron Shield Records」への復帰作となった一方で、通算3枚目のフルアル バム。新加入ベーシストのウリ・ホフマン<b>を擁した編成での第1弾作品でもある。ちなみ に バンドは、1980年代の米国と欧州産スラッシュメタルの先達の双方から影響を受けたと 公言している。