JOURNEYがベースとドラムを解雇

Overseas News
自分たちの利益を優先させようと画策し、メンバー間の不和を招いたと訴えられ、Steven Smith(ドラム)とRoss Valory(ベース)はJOURNEYを解雇されることとなった。
カリフォルニア州コントラコスタ郡の上位裁判所に提出された訴状によると、JOURNEYSteven Smith(ドラム)とRoss Valory(ベース)を解雇したとのこと。

このニュースはNeal Schon(ギター)とJonathan Cain(キーボード)を代表して訴訟を起こしたロサンゼルスに拠点を置く法律事務所Miller Barondess, LLPのプレス・リリースで報じられた。

Steven SmithRoss ValoryJOURNEYの事業体の一つであるNightmare Productionsを支配しようと企業クーデターを試みたという。

このことにより、法律事務所は1,000万ドルを超える損害賠償も求めている。

その訴状には、以下のような内容が記載されている。

1998年にNeal Schon(ギター)、Jonathan Cain(キーボード)、Steve Perry(元ボーカリスト)の3人は、Neal SchonJonathan Cainに、JOURNEYの名前を含むJOURNEYのマークを独占的かつ唯一の、そして取り消し不可能の権利を与える契約書を締結。

よって、2人は共に、もしくはほかの誰かとJOURNEYとして演奏できることが認められている。

被告であるSteven SmithRoss Valoryは、バンドの歴史において何度かメンバーになったが、彼らの名前がクレジットされた曲はごくわずかである。それにも関わらず、彼らは長年にわたって寛大に補償されてきた。

しかし最近、被告はNightmare ProductionsJOURNEYの名前とマークを管理していると誤解したことで、その管理権を乗っ取ろうとした。

彼らは、Nightmare Productionsを買収することで、JOURNEYの名前を担保に取っておき、演奏を止めた後にも収入の保証を望んだ。そして2人はNeal SchonJonathan Cainをその管理から追い出そうと企て、2019年12月にNightmare Productionsをせしめる行動に移った。

その行動によりバンドが一丸となって演奏するのに必要なケミストリー、結束、信頼といったものが崩壊させられた。JOURNEYは団結し、メンバーがお互いを信頼し合うことによってのみツアーや創造的な成功が収められる。2人がとった行動はその信頼を打ち砕いた。

その結果、Neal SchonJonathan Cainは、2020年3月3日付けの書簡で、Steven SmithRoss Valoryの2人に、もはやJOURNEYのメンバーではないことを通知した。

彼らに対する信頼を失ったNeal SchonJonathan Cainは、もう2人と演奏するつもりはないという。

Steven SmithRoss Valoryからの反応はまだない。