QUIET RIOTのFrankie Banaliが12度目の化学療法を受ける

Overseas News
QUIET RIOTのドラマーFrankie Banaliは、12度目となる化学療法(抗がん剤治療)を2月21日に受けた。
2月21日、QUIET RIOTのドラマーFrankie Banaliは、カリフォルニア州のKaiser Permanente Woodland Hills Medical Centerにて12度目の化学療法(抗がん剤治療)を受けた。

彼は自身のFacebookに以下のコメントと病院のベッドからメロイック・サインを決めてる写真を投稿した。
AND SO BEGINS CHEMO #12.... PEDAL TO THE CANCER METAL #fuckcancer! WISHING EVERYONE A WONDERFUL WEEKEND!
Frankie Banaliは2019年4月にステージIVの膵臓がんと診断されたが、妻のRegina Banaliによる献身的なサポートを受けている。

彼女は、映画プロデューサー、監督、女優であることから、QUIET RIOTのドキュメンタリー『Well Now You're Here』(2015)やミュージック・ビデオ「In The Blood」(2019)も手掛けてきた人物。

また、QUIET RIOTは2019年11月に『Hollywood Cowboys』をリリースしている。

Quiet Riot - "In The Blood" -The Good, The Band, The Ugly- (Official Video) #QuietRiot #InTheBlood