SCORPIONSのKlaus Meineが腎臓結石に

Overseas News
2月19日からWHITESNAKEとオーストラリア・ツアーの真っ最中だったSCORPIONSだが、Klaus Meineが腎臓結石となり、緊急手術を受けたため、22日と24日の公演は行われなかった。
SCORPIONSWHITESNAKEは2月19日メルボルン、22日シドニー、24日ブリスベンとオーストラリア・ツアーを予定したが、2月22日土曜日シドニーのQudos Bank Arenaにて開催される予定だった公演を急遽取りやめて延期とする発表をした。

理由はSCORPIONSのボーカリストKlaus Meineが腎臓結石で手術が必要となったため。

先週末、SCORPIONSのソーシャルメディアにはKlaus Meineが病院から最新情報を投稿している。

2月19日にメルボルンのRod Laver Arena公演は本当にファンタスティックな夜で、オーストラリアに戻ってくることが出来て本当に良かったと前置きした上で、メルボルンの病院にて腎臓結石の手術を受けたことを告げている。急遽ショウを中止しなければならないような激しい痛みが襲ったようだ。すでに結石は取り除かれ、ステントが入っている状態だとか。

さらに彼は「ごめん、シドニー。またキャンセルしなきゃいけないのか???」とも言っているが、それはDEF LEPPARDのサポートでシドニーに訪れた2018年にキャンセルした過去があったから。とにかくそうならないよう来週にスケジュール調整したいとのこと。

また、担当医とそのチームによって手厚く看護されているということで一安心しているようだが、元気になるのは来週初め(2月最終週)くらいになりそうだと話している。

この投稿の後、24日に予定していたブリスベンでの公演はキャンセルとなった。
 (23903)