ツアーは「キャンセルではなく延期」Ozzy Osbourne

Overseas News
10年ぶりとなるソロ・アルバム『Ordinary Man』リリース直前、治療を優先するため『NO MORE TOURS 2』の北米ツアーをキャンセルすると発表したOzzy Osbourne。その直後のインタビューで、「キャンセルではなく延期」だと明言した。
Ozzy OsbourneはRadio.comでの最新インタビューで、今年行うはずだったツアーはキャンセルではなく、“延期”であることを明確にした。

−−ツアーをキャンセルしましたね。

Ozzy Osbourne:延期だよ。100%成功するという確信が持てるまではツアーには出られない。今始めてしまってそれを続けられなくなった場合、みんなは俺がプロットを失ったと思うだろう。だから俺が思い描くショウをファンに見せることができるようになるまではやらない。ファンに対してフェアじゃないからね。


さらに、「2003年にパーキンソン病だとわかったけど死の宣告ではないから受け入れた。俺のはP2と呼ばれる類のものだけど、今は軽度で震えもない」と言って震えることのないしっかりとした手を見せた。

Ozzy Osbourneは4月からスイスへ飛んで新たな治療を開始する。

Ozzy Osbourne: Tour "Postponed" until I'm "100% Confident" ... + Parkinson's update