K. K. DowningがKK’S PRIESTを始動!

Overseas News
ギタリストK. K. Downingは彼と同じく元JUDAS PRIESTのTim "Ripper" Owens(ボーカル)、Les Binks(ドラム)と共にKK'S PRIESTなる新バンドを結成。現在アルバムを制作中。ライブではJUDAS PRIESTの曲も演奏するとか。
2011年にJUDAS PRIESTを脱退したギタリストK. K. Downingは、同じく元JUDAS PRIESTTim "Ripper" Owens(ボーカル)、Les Binks(ドラム)と共にKK'S PRIESTなる新バンドを結成した。

KK'S PRIEST
ボーカル:Tim "Ripper" Owens(元JUDAS PRIEST、元ICED EARTHTHE THREE TREMORS
ギター:K. K. Downing(元JUDAS PRIEST
ドラム:Les Binks(元JUDAS PRIEST
ギター:A.J. MillsHOSTILE
ベース:Tony NewtonVOODOO SIX

これは昨年11月3日にKK'S STEEL MILLとしてイギリスで行ったショウに近いメンツだ。その時はベースがDavid EllefsonMEGADETH)だったが、KK'S PRIESTでは、VOODOO SIXTony Newtonがベーシストとなっている。ちなみに、現JUDAS PRIESTのギタリストRitchie FaulknerはこのTony NewtonVOODOO SIXで一緒に活動していた。

彼らは現在、Explorer1 Music Groupからリリースされることになっているデビュー・アルバムの制作中で、今年後半にはJUDAS PRIESTの50周年とオリジナル・メンバーであるK. K. Downingのキャリアを祝していくつかの厳選されたショウを行うという。ステージでは、KK'S PRIESTとしてのオリジナルのほか、JUDAS PRIESTの曲も演奏する。

K. K. Downing
KK'S PRIESTとして歩みを進めることは必然であったというだけでなく、俺とKK'S PRIESTから期待されるすべてのことをなし得るために不可欠だった。世界中のファンからのおびただしい数の要望と圧倒的な支持のおかげで、ここが俺の居場所だと感じられる。ファンが俺たちのステージに期待できるのは、本物のクラシックなJUDAS PRIESTの曲とサウンド、そして新たに鋳造されたメタルだ」