オケ少なめ!プログ多め!BLIND GUARDIANの新譜はより複雑化する?

Overseas News
BLIND GUARDIANのHansi Kürschは最新インタビューで、発売直前のサイド・プロジェクトDEMONS & WIZARDSの話のほかに現在取り組んでいるBLIND GUARDIANの新譜についても言及。オーケストレーション少なめでプログレッシブな作品になるとか。
ニュー・アルバムに向けての準備を開始しているBLIND GUARDIAN

フロントマンのHansi Kürschは、カナダのThe Metal Voiceによるインタビュー(2月14日公開)でBLIND GUARDIANのニュー・アルバムについて言及した。

「第一弾のプリプロダクションは昨日終了しているけど、3月から再開する。そして4月からアルバム制作の本番を開始して10月か11月までには終わらせるつもり。今度も典型的なBLIND GUARDIANではあるけれど、みんなが思うよりもさらにプログレッシブだね。以前に話した時は『今回もかなりオーケストレーションが組み込まれている』ということを言ったと思うけど、その時はまだ俺自身気づいていなかったのさ。この2カ月ほど作業してみて思ったよりもオーケストレーションが少ない上にプログレッシブな方向性になっているんだ。3、4曲くらい本格的なスピード/スラッシュ・メタル・ソングがあるんだけど、あとはまだみんなが聴いたことのないような複雑な曲だよ」

Hansi Kursch Interview talks New Demons & Wizards 3 album & Blind Guardian album Update