インフルエンザ!MACHINE HEADは2月14日のショウをキャンセルして延期

Overseas News
現在アメリカで流行しているインフルエンザ。ツアー中だったMACHINE HEADもRobb FlynnとLogan Maderがやられてしまった。バンドは2月14日のショウをキャンセルして延期。翌15日のショウは病を押して望むことを発表。
現在、新型コロナウイルスの報道で持ち切りだが、アメリカではインフルエンザが流行っているようだ。

外務省の海外安全情報でも注意を促している。以下、2月10日に更新された情報から抜粋。
現在,米国でインフルエンザが流行しており,アメリカ疾病管理予防センター(CDC)は,今シーズンにおいてこれまでに少なくとも症例2,200万例,入院21万例,死亡1万2,000例があったと推定しています。
体力を消耗した状態で日々過酷なツアーを続けなければならないミュージシャンたちは特に危険かもしれない。


MACHINE HEADは2月14日金曜日にミシガン州ポンティアックのThe Crofootで行われるはずだったショウをキャンセル、秋へ延期した。

原因はRobb Flynn(ボーカル、ギター)とLogan Mader(ギター)が共にインフルエンザおよび連鎖球菌性咽頭炎に罹ってしまったことによる。しかもRobb Flynnは肺炎の初期症状だと話していた。

しかし、一夜明けた2月15日土曜のシカゴ公演は病を押して敢行するとRobb Flynnがビデオ・メッセージで発表。睡眠はとったようだが、まだ状態は万全ではない様子が伝わってくる。


バンドは、2月14日に新曲「Circle The Drain」を発表している。

この曲でドラムを叩いているのはNavene KoperweisENTHEOSWHITECHAPELANIMALS AS LEADERSANIMOSITY)。

MACHINE HEAD - Circle The Drain (OFFICIAL TRACK)