PEARL JAMの「River Cross」がVerizonが制作したスーパーボールのCMに

Overseas News
アメリカン・フットボールの頂点を決めるスーパーボウル。ここで流されるCMは全米注目の的だが、大手通信事業者Verizonが制作したCMにPEARL JAMの「River Cross」が使用された。
アメリカン・フットボールNFLのチャンピオンを決める戦い、第54回スーパーボウルが2月2日(日本時間3日)に開催された。

アメリカ最大のスポーツ・イベントとも言われるだけあってそのテレビ視聴率は40%を超えることがほとんど。よって、その注目度の高さから一時期は30秒で5億円以上と言われたこともある世界屈指のCM広告料金であっても企業は惜しみなく投資。質の高いCMが制作され、スポーツ・イベントでありながらマーケティング・イベントともなっている。

Amazon、Google、Audi、Microsoftなどの世界で知らぬ者のいない大企業はもちろん、アメリカの大手通信事業者Verizon(ベライゾン)もこの広告合戦に参戦。

そのVerizonは5Gサービスのトップを走る企業であり、制作した60秒のCMもそれに関するものだが、ロック・ファンが注目すべきはPEARL JAMの新曲「River Cross」が使用されたこと。

この「River Cross」は3月27日にリリースされるニュー・アルバム『Gigaton』に収録されている。

なお、ナレーションを担当したのは『スターウォーズ』『インディ・ジョーンズ』シリーズで知られる俳優Harrison Fordだ。

The Amazing Things 5G Won't Do - Super Bowl 2020 Commercial | 5G Built Right | Verizon