「今後のアルバムはどうなるのかまったくわからない」James Hetfield(METALLICA)

Overseas News
依存症の治療を行っていたMETALLICAのJames Hetfield。久しぶりに顔だしたのは自分が寄贈したクラシック・カーを展示するイベント会場だった。そこでは車のほかにもMETALLICAに関する質問も行われた。今後のアルバムには関してはまったく構想がない模様。
James Hetfieldのアルコール依存症が再発したことでMETALLICAは2019年秋以降のツアーをキャンセル。しばらく治療を続けていたJames Hetfieldは1月30日、久しぶりに公の場に顔を出した。

場所はロサンゼルスにある世界でもトップクラスの規模を誇る自動車博物館Petersen Automotive Museum

彼が寄贈したクラシック・カスタム・カー10台を展示するイベント『Reclaimed Rust:The James Hetfield Collection』が2月から開催されるため、そのオープニング・レセプションに出席。質疑応答が行われたが、その中にはMETALLICAの次のアルバムに関する質問もあった。

James Hetfield
「それは凄く良い質問だよ。俺たちにはわからない。俺は今、博物館で座っているし(笑)これからどうなっていくのかはわからないな。それがまた良い部分でもある。どうするのが俺達にとって最適なのかを腰を据えてじっくりと考えてみようと思う。何が起ころうが俺たちは知らない。そういうちょっとした未知なるものへの恐れ、生きていることを実感できるくらいの怖さが俺たちを成長させてくれる感じだよ」

METALLICAは3月28日のサンフランシスコのThe Masonicで行われる『The All Within My Hands Helping Hands Concert & Auction』からステージに復帰する。

また、Insight Editionsからは『Reclaimed Rust: The Four-Wheeled Creations of James Hetfield』という彼のクラシック・カーのコレクションを収めた本も5月5日に出版される。

Entire fireside chat with James Hetfield at the Petersen Automotive Museum