一度きり!Mike Trampが昔のWHITE LIONの曲を歌うツアーを発表!

Overseas News
元WHITE LIONのボーカリストMike Trampは、今年1度限りということで、80年代に全盛を誇ったのWHITE LIONの曲を歌うツアーを行うことを発表した。
WHITE LIONのボーカリストMike Trampは、昔のWHITE LIONの曲を歌うツアーを今年1度だけ行うことを発表した。

「一度だけ……。音楽パートナーであるMarcus Nandと共に100%ビンテージのWHITE LIONの曲を演奏するツアーを行うことを決定した。多くの人たちが長い間このことを望んできたし、どんな種類の再結成も決して起こらないだろうから。俺が80年代にVito Brattaと一緒に書いた多くの曲を忘れてなんかいないということを見せるよ。Marcusの素晴らしいギターとのパワー・デュオという今の形でね。フル・バンドでは行くことができなかった場所でも演奏をする。現段階では、4月から6月にアメリカ。9月にイギリス。ドイツやベネルクスなどのヨーロッパ諸国は10月に行うことが決まっている。11月と12月にはBAND OF BROTHERSでデンマークに訪れる」

1983年にMike Tramp(ボーカル)とVito Bratta(ギター)が中心となって結成したメロディックなハード・ロックWHITE LION

2ndアルバム『Pride』(1987)、3rdアルバム『Big Game』(1989)からは「Wait」「Tell Me」「When The Children Cry」「Little Fighter」などのシングルがヒットして大成功を収めるが、4thアルバム『Mane Attraction』(1991)リリース後の1992年にクラシック・ラインアップとしてのWHITE LIONは終りを迎える。

その後、ドラマーのGreg D’AngeloPRIDE & GLORYBRITNY FOXなど。ベーシストのJames LoMenzoPRIDE & GLORYをはじめとするZakk Wylde関連の作品ほか、SLASH'S SNAKEPITDAVID LEE ROTHバンド、MEGADETHなどで活躍。

Mike TrampFREAK OF NATUREMarcus Nandが参加)やソロ活動後、WHITE LIONの名の下に再び動き出すが、名義問題が発生するほか、以前のメンバーが揃うこともなかった。その後はMIKE TRAMP & THE ROCK ’N’ ROLL CIRCUZMIKE TRAMP & BAND OF BROTHERSとして活動。

曲づくりの要だったVito Brattaはプロフェッショナルな音楽活動からは一線を引いたままだ。
 (23013)