Ozzy Osbourneが動物愛護団体PETAの広告に

Overseas News
Ozzy Osbourneが猫の爪除去手術を辞めさせるように訴える動物愛護団体PETAの広告に登場。
ショック!Ozzy Osbourneの切り落とされた指先から滴り落ちる血!
これは猫の爪除去手術を止めるよう求める動物愛護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)が出した新しい広告だ。彼らは飼い主がきちんと爪を切り、爪とぎを買い与えることを勧めている。

一般的には、家具や人を傷つける心配をなくすために飼い猫の爪除去手術を行うことがあるようだが、この手術は爪が二度と生えないように骨ごと切り取るもの。人間で例えると指の第一関節辺りだ。猫の生活にとって重要な部分なので、精神的なストレスや激しい痛みもある。また、場合によっては神経の損傷、感染症といった肉体的な後遺症が出る可能性のみならず、爪がなくなったことで噛み癖がつくことも。

この手術を虐待と見なして禁止、もしくは厳しく制限している国もある。

Ozzyは指先の小さな傷が原因で感染症となり2018年に手術を受けていることから共感する部分があった。

Ozzy Osbourne
「猫のつま先を切り落とすのは間違っている。もしもソファが猫の健康や幸せよりも大切なら、動物を飼う資格はない!爪とぎ棒を与えてあげなさい。切断しては駄目だ」