SIXX:A.M.が「Talk To Me」のミュージック・ビデオを公開!

Overseas News
SIXX:A.M.を率いるNikki Sixx(MÖTLEY CRÜE)は自らの経験を踏まえながら、近年アメリカで問題となっているオピオイド・クライシスを題材にした「Talk To Me」のミュージック・ビデオを公開した。
MÖTLEY CRÜEのベーシストNikki Sixxのサイド・プロジェクトSIXX:A.M.「Talk To Me」のミュージック・ビデオを公開した。

「Talk To Me」は2019年9月にリリースされたシングル。

アメリカが抱える問題の一つにオピオイド・クライシスがある。オピオイドとは、ケシ由来や化学合成された麻薬性鎮痛薬の総称でモルヒネ、フェンタニル、オキシコドン、コデインといったものがある。元来、それらは病院で使用されるものだったが、処方箋さえあれば病院でも町中でも簡単にオピオイド系鎮痛剤が入手可能になったことで、蔓延、乱用するようになってしまった。誤った使用は、一時的な多幸感は得られるが依存、離脱などの症状はもちろん過剰摂取で死に至ることもある。

このような薬物依存と戦う人たちに手を差し伸べ、オピオイド・クライシスを撲滅しようと活動しているNational Opioid Action Coalitionという団体がある。彼らは今、会話の力を通して相互理解と治癒への第一歩を踏み出させようと、#talktomeというキャンペーンを行っているが、SIXX:A.M.「Talk To Me」はまさにこの活動をサポートする曲として作られている。

自身も薬物中毒を克服した過去を持ち、現在は物質使用障害からの早期回復を支援する非営利団体Global Recovery Initiative Foundationの役員を務めるNikki Sixxならではの曲だ。

SIXX:A.M. - Talk To Me (Official Music Video)