POISONのBret Michaelsは二つの治療を受ける予定

Overseas News
回旋筋腱板の損傷と皮膚癌であることが判明したPOISONのBret Michaelsは、これから治療を行っていくことを彼自身のホームページで発表した。
御存知の通りPOISONは今年の夏、MÖTLEY CRÜEDEF LEPPARDJOAN JETT AND THE BLACKHEARTSと共にスタジアム・ツアーを開始するが、それ以前にもボーカリストBret Michaelsはソロ・ライブをいくつか行う予定だ。

今のところ一番開催日が近いソロ・ライブは1月23日となっている。

そんな状況の中、Bret Michaelsは自分のホームページで身体の状況について説明したメッセージを1月16日に投稿した。

その内容によると、彼は二つの手術を受けることになったようだ。ひとつは損傷してしまった回旋筋腱板(肩と上腕部を結ぶ筋肉)の治療、もうひとつは皮膚癌の除去のため。

回旋筋腱板が損傷したことに関しては、右肩から骨やしこりが突き出ているように見えたことからMRIを受けて判明。また、皮膚癌については生体検査を受けて発覚したという。

よって、年初の滑り出しは予定していたスケジュールよりもゆっくりとしたものになる。しかし、彼には完治に向けて前向きに取り組む専門医がついており、万事上手くいけば今年は素晴らしい年になるとも言っている。

彼は昔から1型糖尿病の若年性患者だが、2010年には緊急虫垂切除、脳出血、心臓手術を経験している。