URIAH HEEPのPhil Lanzonの代役をDon Aireyが務める

Overseas News
現在ドイツ国内をツアー中のURIAH HEEP。キーボーディストのPhil Lanzonは、息子を亡くしてしまったことで1月14日、15日の公演を欠席する。その代役をDEEP PURPLEのDon Aireyが務めることとなった。
URIAH HEEPは2018年に『Living the Dream(邦題:桃源郷)』をリリースし、現在も『Living The Dream Tour 2019 / 2020』を継続中だ。

1月のツアー先は主にドイツ国内であるが、キーボディストのPhil Lanzonは、1月14日ヴュルツブルクと1月15日フランクフルト公演に参加できなくなってしまった。

原因は、クリスマス直前に彼の長男Matthewが癌で他界してしまったことによる。

Phil Lanzonは17日のノイマルクトでのショウから復帰するとのことだが、その間、代役を務めるのはDEEP PURPLEDon Airey

Don Airey
URIAH HEEPのみんなとは長年の友人です。親友Phil Lanzonに降りかかった悲劇を知って、私は彼の代役を快諾しました」

最近のPhil Lanzonの活動としては、2枚目のソロ・アルバム『48 Seconds』(2019)のほか、10代の子どもたち向けに執筆したファンタジー小説『Curse Of The Mudchalk Devil』(2019)をPegasus Publishersより出版している。