RUSHのNeil Peart死去

Overseas News
カナダの国民的ロック・バンドRUSHのドラマーNeil Peartは脳腫瘍が原因で1月7日に他界した。
Rolling Stoneは、RUSHNeil Peartが1月7日火曜日にカリフォルニア州サンタモニカで亡くなったことを報じた。

バンドの広報担当者であるMeg Symsykも承認済み。

死因は脳腫瘍。67歳だった。

Neil PeartがRUSHに加入したのは1974年。それからは、テクニカルで正確無比なドラム、SF的イマジネーションと知性に溢れた作詞を務め、Geddy Lee(ギター)、Alex Lifeson(ベース)と共にカナダが誇る最強のプログレッシブ・ロック・トリオの座を築く。しかし2015年、Alex Lifesonは乾癬性関節炎、Neil Peartは慢性の腱炎のため今後大規模なツアーは行わないと発表。そして2018年には、ツアーやレコーディングの予定はもうなく、Neil Peartはドラマーとしても引退していると語られ、事実上RUSHとしての活動は終焉となった。

2015年以降、Neil Peartは妻のCarrie Nuttalや娘のOliviaとより多くの時間を過ごすことに熱心だったようだが、広報担当者Elliott Mintzによれば、彼はこの3年間ひそかに闘病していたとのこと。