ドイツのポストハードコアALAZKAがメンバーを募集

Overseas News
昨年クリーン・ボーカリストとギタリストが脱退してしまったドイツのポストハードコアALAZKAは現在、ドイツ国内で新たなメンバーを募集中。
2017年にBURNING DOWN ALASKAからALAZKAへと改名し、スケール感の大きさはそのままにクリーン・ボーカルを強調し始めたドイツのポストハードコア・バンド。

バンドは2018年3月に来日ツアー(MV「Hear Of Gold/金の心」も撮影)しているが、昨年10月のアナウンスにおいて、方向性の違いからギタリストのDario Sanchezとクリーン担当ボーカリストのKassim Aualeが脱退したことを発表。

その後、すぐに「Dead End」のミュージック・ビデオを発表し、残ったメンバーのTobias Rische(ボーカル)、Marvin Bruckwilder(ギター)、Julian Englisch(ベース)、Tobias Lotze(ドラム)の4人で活動を続けていたが、今年になって、Facebook上でメンバー募集のお知らせを投稿。ただし、ドイツ在住のミュージシャンに限られている。

また、バンドは3月から4月にかけて英国&欧州ツアーを予定しており、7月3日4日と開催される<High 5ive Summer Fest>にてスウェーデン初上陸を果たす。なお、このフェスティバルにはSILVERSTEINCRYSTAL LAKEKNOCKED LOOSESIAMESECOUNTERPARTSTHE DEVIL WEARS PRADAなどが出演を予定している。

ALAZKA - Dead End (Official Music Video)

ALAZKA - Hearts of Gold (Official Music Video)

 (21777)