REVOCATIONとAYAHUASCAのメンバーによるGARGOYL

Overseas News
米国のREVOCATIONとカナダのAYAHUASCAのメンバーによるGARGOYLがSeason Of Mistと契約を結んだ。2020年後半にフルレングス・アルバムがリリースされる予定。
Season Of MistGARGOYLと契約を結び、今年後半にデビュー・フルレングス・アルバムをリリースすることを発表した。
GARGOYLは、米国ボストンを拠点とするREVOCATIONDave Davidson(ギタリスト)と、カナダで活動するBATTLEBEARTHE WOMBAYAHUASCALuke Roberts(ボーカリスト兼ギタリスト)をフィーチャーしたバンド。

ギター、ボーカル:Luke Roberts
ギター:David Davidson
ベース:Brett Leier
ドラム:James Knoerl

David Davidson
Season Of Mistは常にユニークなビジョンを持つ型破りなレーベルなので、正式に参加できたことを非常に誇りに思っている。この新たなパートナーシップには期待していて、デビュー・アルバムを皆に届けるのが楽しみだ」

ジャジーなプログレと激烈なグランジがブレンドされた彼らの音楽性は特定のジャンルに収まらないものだという。

2019年2月に発表された曲があるので参考までに紹介しておく。
なお、ボストンのテクニカル・デスラッシュREVOCATIONは、2月28日29日と『Death Atlas Japan Tour 2020』と題したツアーでCATTLE DECAPITATIONと共に来日公演を行う。詳細は下記リンク先を参照のこと。