カリフォルニアにてJason Beckerの『Not Dead Yet』上映会

Overseas News
30年間ALSと戦い続けている天才ギタリストJason Beckerの『Not Dead Yet』上映会がカリフォルニア州にて開催される。イベントでは、マーチャンダイズ販売のほか、体調次第でJason BeckerとFaceTimeを介してQ&Aが可能になるかもしれない。
 (21724)

80年代にPaul GilbertTony MacAlpineRichie KotzenVinnie Mooreなど超絶技巧のギタリストを次々と発掘し育てたShrapnel Records

そして天才ギタリストJason Beckerもそのひとりで、Marty Friedmanと共にCACOPHONYとしてデビュー。

彼もほかのギタリストと同様に華々しい活躍を期待されたが、30年前に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症。眼球運動によって意思表示や作曲を行うようになって久しいが、2018年に『Triumphant Hearts』をリリースしている。

Jason Beckerのホームページに掲載されたニュースによれば、ドキュメンタリー映画『Not Dead Yet(邦題:ジェイソン・ベッカー Not Dead Yet ~不死身の天才ギタリスト~)』(2012/日本での公開は2014)の上映会が2月にカリフォルニア州グラニット・ベイのグラニット・ベイ高校にて開催される。

日時:2020年2月8日2:00PM~8:00PM

場所:Granite Bay High School, 1 Grizzly Way, Granite Bay, CA 95746, United States

当日は、映画上映以外にもJason Beckerの体調次第でFaceTimeを使用して質問に答える機会が得られるかもしれない。

さらに、映画に登場した友人たちのミート・アンド・グリート、Jason Beckerのギター・コレクションの展示、父親Gary Beckerのアート展示と販売、オフィシャル・マーチャンダイズとアートの販売も行われることになっている。

詳細はJason Beckerのホームページを御覧ください。

Not Dead Yet Japanese