LORNA SHOREが日本を含むアジア・ツアーをキャンセル

Overseas News
SLAUGHTER TO PREVAILを筆頭にDEFYING DECAYらと2020年1月にアジア・ツアーを行う予定だった米国のデスコアLORNA SHOREだが、直前にボーカリストを解雇せざる負えない状況になったため、バンドはアジア・ツアーをキャンセルすることとなった。
今月、SLAUGHTER TO PREVAILを筆頭にDEFYING DECAYらとアジア・ツアーを行う予定だった米国のデスコアLORNA SHORE。しかし、突如として先月下旬にボーカリストCJ McCreeryの解雇を発表。

バンドや招聘会社も尽力したが、今回LORNA SHOREはアジア・ツアーをキャンセルするという結論に達した。

LORNA SHOREの今後の予定は協議中とのこと。

SLAUGHTER TO PREVAILDEFYING DECAYは予定通り来日公演を行う。

1月18日(土)福岡 Early Believers
1月19日(日)大阪 心斎橋 VARON
1月20日(月)東京 渋谷 CYCLONE

以下、日本ツアーを担当しているT.M. Music Recordsからのコメント。
【重要なお知らせ】

1月18日よりSlaughter To Prevail来日公演に帯同予定でしたアメリカのLorna Shoreですが、ボーカリスト脱退に伴い現時点ではライブを行うことが困難という判断となり、Lorna Shoreの今回のアジアツアーのキャンセルが決定致しました。

ご期待いただいていたお客様には重ねてお詫び申し上げます。

東京/大阪公演のプレイガイドにてチケットを購入いただいたお客様につきましては、払戻しをいたします。
現在e+年末年始休業中のため払戻しのご案内については今暫くお待ちください。Slaughter To PrevailとDefying Decayの2バンドについては予定通り来日公演を行います。
 (21653)