マット・ソーラム、信仰と共に2020を歩む

Overseas News
元GUNS N' ROSESのドラマー、マット・ソーラム(Matt Sorum)は過去10年を振り返りつつ新年の挨拶をInstagramに投稿。神への信仰を見つけたことが誇りだと語っている。
GUNS N' ROSESVELVET REVOLVERTHE CULTなどで活躍し、現在は、ベーシストGeezer ButlerBLACK SABBATH)、ボーカリストFranky PerezAPOCALYPTICASCARS ON BROADWAY)、ギタリストSteve StevensBILLY IDOLVINCE NEIL)らと共にDEADLAND RITUALのメンバーとして活動しているドラマー、マット・ソーラムMatt Sorum)。

彼は過去10年を振り返りつつ新年の挨拶をInstagramに投稿した。

「新しい10年が私たちにはある。これまでは、成長とコミットメント、幾多の試練があり、喜びと幸福、悲しみと痛み、愛と喪失の10年だった……しかし、それと共に希望とより強い回復力も生まれている。数秘学における2020年は、ビジョンを現実に変換し、物事を実現することを意味する。あなたの周りの人々に刺激を与えつつも刺激されるようにしましょう。私がこの10年間で最も誇りに思っていることは、神への信仰を見つけたことであり、その信仰によって恐れはない。己の使命を明白にすれば、そこへ神様が導いてくださる。ハッピー・ニュー・イヤー」

また、マット・ソーラムは、4月7日に自叙伝『Double Talkin' Jive: True Rock 'N' Roll Stories From The Drummer Of Guns N' Roses, The Cult, And Velvet Revolver』Chicago Review Pressから発売する。

コカインの密輸時代からTHE CULTGUNS N' ROSESのドラマーとしての成功と彼が関わってきたバンドでの出来事、さらには、彼をアルコールや薬物依存症から救った彼女エース・ハーパーAce Harper)に関することまで赤裸々に綴られている。