元AUTOGRAPHのギタリストSteve LynchがPROJECT 2:22を開始!

Overseas News
アメリカン・ハードロックAUTOGRAPHからタッピングの名手Steve Lynchが今年の夏に脱退。彼はAlena Raeという女性シンガーソングライターと共にPROJECT 2:22を開始した。
80年代中期、爽やかなでポップなメロディを用いて『Sign In Please』(1984)、『That’s The Stuff』(1985)、『Loud And Clear』(1987)といったアルバムをリリースしていたアメリカン・ハードロックAUTOGRAPH

彼らは断続的だが活動を続けてアルバムも発表している。

けれども今年7月下旬にバンドのFacebookにて、タッピングの名手として知られたギタリストのSteve Lynchが別の道を歩むことが発表された。

代わりに加入したのはHOUSE OF LORDSJimi Bell

ところで、Steve Lynchはというと、シンガーソングライター兼女優でもあるAlena Raeと共にPROJECT 2:22を開始している。

彼は今月半ばにMetal Express Radioのインタビューに答えていたので抜粋する。

AUTOGRAPHのベーシストRandyとは1981年からの知り合いだ、他のメンバーとも兄弟のようなものだから脱退の決断は難しかった」

「1967年の『Are You Experienced』でのジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)のワイルドなプレイが俺を興奮させたんだ。彼の出す音が信じられなかったし、ステージで見たときは『うわっ、この男は信じられないくらい凄い!』ってなったよ」

「同じラジオ番組で同じ日にインタビューを受けたことが始まり。それがきっかけとなって、タンパに住む俺とナッシュビルのAlena Raeはソーシャルメディアでメッセージをやりとりをして直接会うまでに親交を深めた」

Alena Raeはものすごく素晴らしいボーカリストでどんなスタイルでも歌いこなせるから、曲ごとにあらゆる方向性をやることも可能。俺たちはロックなんだけど、ワールミュージックのバイブがあって、望む音楽なら何でもできる」

「ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、日本など、国際的に多くのライブをする予定だよ。アメリカ国内もツアーするけどね」

「ウェブサイトは間もなく公開予定だから、今はFacebookのPROJECT 2:22のページで動向がチェックできる」