MACHINE HEADのニュー・ドラマーMatt Alstonのプレイを見てみよう!

Overseas News
MACHINE HEADに新しく加入したドラマーMatt Alstonが「I Am Hell」を叩くドラムカム映像を公開した。収録されたのは10月31日ベルギーのブリュッセルにあるForest Nationalで行われたライブ。
MACHINE HEADは、元メンバーのChris Kontos(ギター)とLogan Mader(ドラム)と共にデビュー・アルバム『Burn My Eyes』25周年記念ツアーを行っているが、10月から開始したヨーロッパ・ツアーから新メンバーも参加している。

ひとりは、DECAPITATEDでも活動しているポーランド人ギタリストのWacław "Vogg" Kiełtyka。そしてもうひとりは英国人ドラマーのMatt Alston (EASTERN FRONT) だ。

バンドのフロントマンRobb Flynnによれば、「オーディションでVoggの弾く「Imperium」を聴いてぶっ飛ばされたよ。今の俺よりも正確にうまく弾くんだから。Mattも同じ。一緒にジャムってみたら最高だったのさ」とのこと。

新ドラマーのMatt Alstonは12月初旬、自身が「I Am Hell」『Unto the Locust』収録)を叩く姿を写したドラムカム映像を公開した。映像が収録されたのは10月31日ベルギーのブリュッセルにあるForest Nationalでのライブ。

Matt Alston - Machine Head "I Am Hell" - Live Drum Cam 2019