暗く凍てつく真冬を目前にENSLAVEDがスタジオ入り!

Overseas News
ノルウェーのプログレッシヴ/エクストリーム・メタルENSLAVEDがレコーディングを開始!リリースはNuclear Blast Recordsより2020年5月ごろの予定。
2017年にアヴァンギャルドな14thアルバム『E』をリリースしたノルウェーのプログレッシブ/エクストリーム・メタルENSLAVEDがレコーディングを開始。ニュー・アルバムのリリースはNuclear Blast Recordsより2020年5月ごろの予定だとか。

創設メンバーでギタリストのIvar BjørnsonがFacebookに近況を投稿した。

「北半球では陽が出ている時間が短くなり徐々に暗くなってきた。ここベルゲンは霜に覆われている。これで新しいENSLAVEDのアルバムをレコーディングするためのシーンが整った」

そんな詩的な序文の後、制作陣の発表がされている。

新しいドラマーIver Sandøyが加入して最初の作品となるが、彼はこれまで約10年間に渡ってENSLAVEDのアルバム制作に携わってきた人物。彼と、Ivar Bjørnson(ギター)、Grutle Kjellson(ボーカル/ベース)が今回のアルバムの制作チーム。そして前回同様にベルゲンのDuper StudioIver SandøySolslottet Studioにてレコーディングされ、スウェーデンにあるJens BogrenFascination Street Studiosでミックスが行われるとのこと。

それ以上の詳細は明らかにされていないが、新作は非常にパワフルでENSLAVEDらしさもありつつ新たな側面も示されると言う。