SCORPIONS、新作の曲作り間もなく終了!来年秋には新作!

Overseas News
ニュージーランドのThe Metal Barがマティアス・ヤプス(Matthias Jabs)におこなったインタビューで、SCORPIONSのニュー・アルバムにむけた作曲は最終局面を迎えていることが判明。
SCORPIONSのギタリスト、マティアス・ヤプス(Matthias Jabs)は、ニュージーランドのThe Metal Barのインタビューで、彼らのニューアルバムが2020年の秋に予定されていることを語った。プロデュースを務めるのはGreg FidelmanHIGH ON FIREMETALLICASLAYERSLIPKNOTなど)。

マティアス・ヤプス
「今年の夏のツアーに出る前にいくつかの曲を書いていた。ツアーで何かを思いつくのは難しいからね。インスピレーションは得られたとしても毎日が旅の連続となれば話は変わるのさ。それで、だいたい10曲くらいあるけど、ツアー終了後にもう少し書いてニュージーランドとアジアでのいくつかのショウの直後に、リハーサルとレコーディングの準備をしなくてはならない。それで3月にはドイツに戻ってMETALLICASLIPKNOTを手掛けたプロデューサーGreg Fidelmanと仕事をする。予定では7月頭までレコーディングをした後、ラスベガスで仕上げを行う。だから2020年秋にはアルバムがリリースされるはず。そうしたらまたツアーだね」

現在のところSCORPIONSは、2020年2月19日、22日、24日とオーストラリア。2月27日ニュージーランド。3月1日インドネシア。3月4日シンガポール。というツアー予定が入っているので、このツアー終了後にレコーディングが開始されると思われる。

Scorpions Matthias Jabs talks the new album, hitting the autobahn and the Berlin Wall