ブライアン・メイ、脚の手術を受けるも経過は良好!

Overseas News
12月2日月曜日に脚の手術を受けたQUEENのギタリスト、ブライアン・メイ(Brian May)はInstagramに術後の報告を投稿。来年1月から開始されるツアーには間に合う模様。
12月2日月曜日に脚の手術を受けたというQUEENのギタリスト、ブライアン・メイ(Brian May)

彼は術後の報告をInstagramに投稿した。

「終わったよ!ふくらはぎの筋肉を切った後だけど良い感じだ! 理論的には、これでアキレス腱にかかっていた過度な緊張が緩和されて何カ月も続いてきたかかとの痛みから解放されるはず。この前のアメリカ・ツアーの最中はずっとこの問題を抱えていたんだ。アドレナリンが出ていたけどあまりステージを走り回れなかったし、まったく動けなかったことも2、3日あった(誰も気がついてなかった、はず)。なので、少しの間のんびりするけど、1月からのツアーにはちょうど間に合うように回復すると思う」

まだ少々痛むようですが、家でリラックできている様子。ひと安心ですね。