ブラジルのメロディック・デスメタルSCULPTORがFrontiers Music Srlと契約。

Overseas News
ブラジルのメロディック・デスメタルSCULPTORがFrontiers Music Srlと契約。2020年にデビュー・アルバムをリリース予定。
ブラジルのクリチバ(Curitiba)を拠点とするメロディック・デスメタル・バンドSCULPTORFrontiers Music Srlと契約を交わした。

2020年のリリースを目標に制作された彼らのデビュー・アルバム『Untold Secrets』は、地元クリチバにてレコーディングされたもの。

プロデュースはメンバーのVinneRick

ミックスはLinus CorneliussonがスウェーデンのFascination Street Studiosにておこなう。彼はこれまでに、ANGRAAMORPHISELUVEITIEMOONSPELLSEPULTURASOILWORKなどを手掛けた人物。

SCULPTORは2015年にVinne(ボーカル、ギター)Rick Eraser(ボーカル)によって結成され、Caco Ramos(ベース)Fabricio Reis(ギター)Mateus Schran(ドラム)がメンバーとして加わる。

彼らの音楽はDARK TRANQUILLITYIN FLAMESSOILWORKTIAMATに通ずるものがあると言われているが、KATATONIAOPETHBEHEMOTHKREATORDEFTONESなどにも影響を受けているらしい。

SCULPTOR - Oblivion