台湾のメタルバンドChthonic、来たる12/21に交響楽団と大規模な野外ライブ開催決定!

Overseas News
台湾のメタルバンドChthonic、来たる12/21に交響楽団と大規模な野外ライブ開催決定!
 (19482)

イギリスの大手新聞ガーディアン紙に「アジアのブラックサバス」と評された台湾出身のメタルバンドChthonicは、
12月21日「Taiwan Grand Triumph」と題された最大10万人以上を集客するビッグイベントを開催することを発表。

Chthonicの台湾での最後のライブからすでに4年が経過しその再開が待ち望まれていた。
さらに今回のイベントは、「台湾」「香港」の自由を求める社会的擁護団体の集会も兼ねている

Chthonicが開催した最後の大規模なコンサートは、2015年の年末に行われた「自由広場(Liberty Square)」でのフリーライブ。何万人もの聴衆が、会場全体を埋め尽くした。
その後、リードシンガーのフレディ・リム国会議員に選出されたため、以降はほとんどライブを行わず(今年2月日本には来日した)、その活動を潜めていた。

Chthonicが今年、アジアのグラミーと言われている「金曲奨(ゴールデン・ミュージック・アワード)」で、昨年リリースしたアルバム「Battlefields of Asura」においてゴールデンメロディー賞を受賞したこともあって、ファンからも彼らのコンサートは渇望されていた。

4年間の沈黙を経て、Chthonicはついに大規模なコンサートを開催することを発表。

ChthonicのバンドリーダーでありベーシストのDoris嬢は次のように述べている。
「これはとても大切な瞬間です。
台湾は常に最前線で中国共産党の脅威に直面しています。
私たちは「自由」を守るために確固たる決断をしました。
大規模なコンサートを通して、「香港」「台湾」の主権、人権、および中国政府に抗議するChthonicの変わらぬ決意を表明します。
だから、これらの問題に関連する社会的擁護団体が参加して、大規模な集会とコンサートを同時に開催するのです。」

Dorisは、今回は会場が大きくなるだけでなく、ステージのセットもアップグレードされることを明らかにした。
交響楽団と合唱団も、Chthonicのライブパフォーマンスにコラボレートする。
さらに、ヘビー級の出演者が徐々に発表されるので、乞うご期待。

ボーカルのフレディ・リムは、来るべき選挙(来年1月)とこの大規模なコンサートのバランスについて問われると、次のように笑って答えた「俺の強みは燃え尽きてもすぐに復活するところ、尽きることはないんだ!」

さあみんな、共に進もう!