LOVEBITES、現代と過去の東京が描かれたアートワークを含む 初ライヴ作品の内容公開!

Domestic News
ヘヴィ・メタル・バンド、LOVEBITESが、今年1月27日に行なった完全ソールドアウトの東京・マイナビBLITZ赤坂の模様を収録したライヴ作品『ドーターズ・オブ・ザ・ドーン ~ライヴ・イン・トーキョー2019』のアートワークを公開。

ヘヴィ・メタル・バンド、LOVEBITESが、今年1月27日に行なった完全ソールドアウトの東京・マイナビBLITZ赤坂の模様を収録したライヴ作品『ドーターズ・オブ・ザ・ドーン ~ライヴ・イン・トーキョー2019』のアートワークを公開した。

このアートワークは、現代的な巨大なビルの屋上には古風な日本の塔が立つ祭壇が広がり、現代と過去が入り混じった“大都市”東京を描いている。その祭壇には5人のメンバーも立っており、その後ろでドーン(夜明け)を表現した太陽のような火球が浮遊。メンバーの化身とも言える5頭の狼も睨みをきかせる。イラストは、これまでと同じくドイツの重鎮メタル・バンドのハロウィンの作品のデザインも手掛けるスペイン人のデイヴィッド・ロペス・ゴメスと相棒のカルロス・ヴィセンテ・レオンが担当した。

印象的なアートワークを纏ったこの作品は、赤坂公演を19台のカメラで完全収録したもの。ライヴ当日も場内に流れた冒頭のナレーションの声の主は、イギリスのプログレッシヴ・メタル・バンドSikTh(シクス)のヴォーカル、マイキー・グッドマン。LOVEBITESの支持者であり、ナレーションの仕事もしている彼のディープな声で、ライヴの雰囲気がさらに厳かなものとなっている。ライヴ音源は、ナイトウィッシュやチルドレン・オブ・ボドムなどフィンランドの大物メタル・バンドの作品に携わった敏腕エンジニアのミッコ・カルミラとミカ・ユッシラの黄金チームが、フィンランドの由緒あるフィンヴォックス・スタジオにて仕上げた。

Blu-rayとDVDには、メンバー自身がツアーで使用した機材を紹介するボーナス・コンテンツも収録。普段はなかなか見られない細かい機材やそのこだわりも知ることができる。さらに、ライヴ本編には、コメンタリーを収録。音声切り替えで、ライヴを観ながらメンバーの回想トークが楽しめる仕様だ。
DAUGHTERS OF THE DAWN – LIV...

DAUGHTERS OF THE DAWN – LIVE IN TOKYO 2019 / ドーターズ・オブ・ザ・ドーン ~ライヴ・イン・トーキョー2019<Blue-ray>

DAUGHTERS OF THE DAWN – LIV...

DAUGHTERS OF THE DAWN – LIVE IN TOKYO 2019 / ドーターズ・オブ・ザ・ドーン ~ライヴ・イン・トーキョー2019<DVD>

DAUGHTERS OF THE DAWN – LIV...

DAUGHTERS OF THE DAWN – LIVE IN TOKYO 2019 / ドーターズ・オブ・ザ・ドーン ~ライヴ・イン・トーキョー2019<CD>

DAUGHTERS OF THE DAWN – LIVE IN TOKYO 2019 / ドーターズ・オブ・ザ・ドーン ~ライヴ・イン・トーキョー2019
発売日:2019年7月10日(水)
形態(価格/品番):
Blu-ray(¥5,500+税/VIXL-273)
DVD(¥4,700+税/VIBL-946)
2CD(¥3,500+税/VICL-65213~4)
※Blu-ray/DVDの初回生産分のみ、「CLOCKWORK IMMORTALITY TOUR」のAASラミネートパス(レプリカ)封入。
※2CDの初回生産分のみ、特製ステッカー封入。


トラックリスト(※CD版は、下記19トラックを2枚のCDに分けて収録しています)
1. Clockwork Immortality (Intro)
2. Addicted
3. Bravehearted
4. The Crusade
5. Pledge Of The Saviour
6. Rising
7. Scream For Me
8. Break The Wall
9. Shadowmaker
10. Above The Black Sea
11. Empty Daydream
12. M.D.O.
13. Journey To The Otherside
14. Edge Of The World
15. We The United
16. Epilogue
17. Don’t Bite The Dust
18. Under The Red Sky
19. The Everlasting (Outro)
 (12009)

<バイオグラフィ>
miho(b)が、かつて同じバンドでリズム隊を組んでいたこともあるドラマーharunaを誘い、新たなメタル・バンド結成へと向けて動き出したのは2015年のこと。シーンで確固たる地位を築き、広く名の知られていたmihoとharunaのこの新たな動きにファンは歓喜した。同年、知人の紹介により運命的な出会いを果たしたasamiがシンガーとして加入。数多くの有名アーティストにコーラスとして参加してきたasamiは、低音から高音までを自在に操るシンガーであり、彼女の加入により、「男勝りの」激しいメタル・サウンドを、「女性らしい」伸びやかなヴォーカルが歌い上げるサウンド・メイキングの方向性が固まる。
2016年、ギタリストとしてmidoriが加入。同じタイミングで、mi-yaをサポート・ギタリストとして迎える。卓越した技術を持つふたりのギタリストによって、強力なツイン・ギター体制が完成した。5つのピースが揃い、バンド名をLOVEBITESとし、本格的に始動。2016年11月18日、東京は渋谷TSUTAYA O-WESTで開催されたイベントトに出演し、初ライヴを成功させる。
そして2016年の末から、LOVEBITESとして最初の作品の制作を開始。NIGHTWISHやCHILDREN OF BODOM、AMORPHISらとの仕事でも有名なフィンランドの敏腕エンジニア・チーム、ミッコ・カルミラによるミックス、ミカ・ユッシラによるマスタリングにより研ぎ澄まされた楽曲の数々を詰め込んだEP『THE LOVEBITES EP』が、2017年5月に満を持して世に放たれた。
EPの発売を待たずして、同年5月よりフルレングス・アルバムのレコーディングを開始。8月、mi-yaが正式加入。5人編成となる。そして10月25日、待望の1stフル・アルバム『AWAKENING FROM ABYSS』をリリースし、オリコン総合18位にランクイン。そのアルバムを携えて、11月と12月に東名阪、そして英国にてライヴを行なった。2018年2月、東京は渋谷duo MUSIC EXCHANGEでの公演をもソールドアウトにし、6月6日には、2ndミニ・アルバム『BATTLE AGAINST DAMNATION』のリリースを控える。この作品からmi-yaがmiyakoに改名。
4月のVans Warped Tour Japan 2018 Presented by XFLAGでフェスティヴァル初出演、そしてミニ・アルバムを携えての単独公演を6月に行ない、7月にはANTHEM主催「HEADSTRONG FES.18」へ参加。さらに、8月には、ドイツでの世界最大級のメタル・フェスWacken Open Air、イギリスのBloodstock Open Airに出演するなど、その活躍の場を世界へと広げた。
帰国後、欧州フェス参戦前から始めていたアルバムのレコーディングを再開。LOUDNESSも出演したRED BULL主催のイベントMetal Mania参加を挟み、完成させた待望の『CLOCKWORK IMMORTALITY』を2018年12月に発売する。その直前の11月には、欧州最大のブッキング・エージェンシーX-ray Touringが組んだ欧州ツアーを行ない、発売後の2019年1月と2月に跨り、6都市の過去最大規模の日本国内ツアーを実施。3月の追加公演も含め、全公演のチケットを完売させた。
そして6月には、イギリスDownload Festival UK、ベルギーGraspop Metal Meeting、スペインDownload Festival Madridの欧州フェス・ツアーを行ない、7月10日発売の初ライヴ作品『DAUGHTERS OF THE DAWN – LIVE IN TOKYO 2019』を携えた国内ツアーをキックオフする。

LIVE情報◆LOVEBITES


<DAUGHTERS OF THE DAWN TOUR 2019>

7月12日(金) 東京・EX THEATER ROPPONGI
8月8日(木) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
8月9日(金) 愛知・名古屋BOTTOM LINE
TOTAL INFO: クリエイティブマン(03-3499-6669)
https://www.creativeman.co.jp/event/lovebites19jul/

<海外公演>
6月15日(土) イギリス・DOWNLOAD FESTIVAL UK
6月22日(土) ベルギー・GRASPOP METAL MEETING
6月29日(土) スペイン・DOWNLOAD FESTIVAL MADRID